« トークイベント | トップページ | 予告 »

2010年11月 8日 (月)

トークイベントその2

 ブックスひろしま2010の2日目。トークイベント、2本とも参加しました。土日計5本、完走です(笑)。1本90分、大学の講義もこんなに熱心に聴いたことはありませんsweat01。2日目は、中国新聞で連載された「頼山陽」の見延典子さん、そして新雑誌「レポ」の北尾トロさん。やっぱり聞き入ってしまいました。

 まず、見延典子さん。トークの内容は取り決めによりここでは書きませんが、私の印象ではすごく正直な方で、本音で話していただいたように感じました。それだけに興味深く、面白かったです。

 お話を聞くにつれ、ぜひ質問したいことが生まれたため、質疑応答のとき挙手しました。私も文章を書くのが好きですが、一人で集中しないとどうしても書けないため、それによって周りの人に迷惑をかけてしまいます。そのことについて相談(?)したところ、思いのほか共感していただき、行き着くところ覚悟が必要と教えていただきました。私は今のところ書くことで食べているわけではないので、覚悟を持つのは難しそうですが、好きなことなのでできれば何とか折り合いを付けていきたいと思っていて、揺れるところはあります。アドバイスをいただき(そうですよね)と素直に思いました(笑)。

 回答の途中、見延さんに「神鳥さん、私のことを覚えていらっしゃいますか?」と不意にたずねられ、面食らいました。思い出せずにいたところ「昨年、パルコでの古本市で見かけ『緑地帯(中国新聞の連載コラム)を書かれた方ですか。がんばってください』と声をかけました」と。瞬時に記憶がよみがえりました。いえ、中国新聞の連載はよく読んでいたんです。当時は失礼いたしました!

 トークのインターバルが30分あったので、すぐそばで開催中の一箱古本市を駆け足で回りました。本当に駆け足だったので、ほかのお客さまがいらっしゃったお店は飛ばすほかなく残念。3店で計6冊を買いました。もし時間があれば、数倍は買っていたと思います。じっくりは見られませんでしたが、各店がこの日のために大変工夫をこらしていることはわかり、つまり良い本があるに決まっていますhappy01。次回はじっくり見たいです。

 トークイベントの会場に戻り、最後のゲストは北尾トロさん。著作の「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」が個人的に印象深く、先日創刊された雑誌「レポ」も本当に楽しくて、トークも期待以上の面白さでした。

 ジャーナリズムとは違う楽しい読みものの発信、マスコミとミニコミの中間といえる「ミドルメディア」の提案、そして世の流れに逆行する逆張りの姿勢など、私にとってはどれも非常に共感できるキーワードが散りばめられ、生意気を書けば、人種としては自分にだいぶ近いのではないかという、これまでにあまり感じたことがない感覚を楽しませていただきました。何度も(そうなんです!)と心中、叫びました。

「レポ」という雑誌、私は本当に気に入っていて、また生意気ですが(笑)凄い爆発力を秘めていると感じています。内容が内容だけに、マイナーであり続けないといけないのか、という心配を問わせていただくと、まずはマスコミとミニコミの中間を狙っているというアイデアをお聞きでき、ひとまず安心しました。とりあえず次号がとても楽しみです。そして、力は足りませんが、正直、私もいつか参加させてほしいです。

 対談のパートナーである財津さんも好調でした(どこから目線?・笑)。満員電車でドアにかばんが挟まり、それを力ずくで抜いた瞬間思い切り頭を挟まれて悶絶したという話は久しぶりにおかしくて涙が出ました(笑)。

 とにかく、あっという間の2日間でした。トークイベントは5本すべて勉強になりました。面白くて、勉強になるのだから最強です。自分は何がしたいんだ、とこのごろ自問自答の日々を実は過ごしてましたが、ヒントをもらえた気がします。ゲストの方々とスタッフの皆さんにお礼を言いたいです。ありがとうございましたhappy01

 書店、古書店、作家、クリエイター、本のファン……本を囲む人々が集って刺激し合うことによって、面白いことがどんどん生まれる予感がします。自分も携わっていきたいと思っていますsign03

JR呉駅ビルにて即売会を開催中です
場所:JR呉駅ビル3F「ブックス呉ステーション」内

ジャスコみゆき店にて即売会を開催中です
場所:ジャスコみゆき店(広電「県病院前」電停すぐ)3F「フタバ図書FCジャスコみゆき店」内

古い本買います!
お手持ちの本を誠実に評価のうえ、買い入れいたします。気軽にご相談ください!
http://www.kandori-shoten.com/uri.htmhttp://www.kandori-shoten.com/)

日々つぶやいています(Twitter)
http://twitter.com/kandori_shoten

|

« トークイベント | トップページ | 予告 »

コメント

hi!
こちらけむり書店です。一箱にて、お会いできてhappyです。
わたしは、まだまだ本の世界について知らないことだらけです。

が!!今回のことは、とても刺激的で、若干興奮状態です。
あ、お酒を少しのんだかもしれません。

あたしもトークショウ見たくなりました!
じっとしていられないのですが、ネット中継をチェックしてみます。
Regards

投稿: けむり | 2010年11月 8日 (月) 21時12分

けむりさん、コメントありがとうございます。

素敵なひと箱を拝見でき、ぼくもhappyです!
二度見して結局、買ってしまいました(笑)馬の本。
また来年お会いできれば良いですね!

投稿: 神鳥大悟 | 2010年11月 8日 (月) 22時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/45405/37574561

この記事へのトラックバック一覧です: トークイベントその2:

« トークイベント | トップページ | 予告 »