« ネーミング | トップページ | 地震はこわい »

2009年8月10日 (月)

読み捨てるもの

 手つかずの「箱」がいくつかあったのですが、今日、意を決してそれをあけ、整理しました。放置すること一年以上、中身は紙ものや和本など手のかかるものばかりで閉口しましたが、何とかひと段落したところです。未整理の割には捨てるものが少なく、興味深いものも多かったです。楽しい値づけはこれからhappy01

 手がかかるといえば「雑誌」もそうです。一冊一冊が薄く、出るときは大量に出るので、雑誌の山に当たったときはうれしい反面「大変だあ」といつも思います。雑誌は一般的な書籍と比べて残っている割合が全体として低めで、種類によっては高値がつきます。意外と残っていないのは、雑誌は読み捨てるものという感覚があるせいでしょうか。

 今日の熊野町は曇り時々晴れ。一瞬、雨がありましたが、ぱらっと降ったくらいでした。甲子園、如水館高校はまさかの連続ノーゲームで明日、みたび高知高校と対戦します。勝ち負けはともかく、球児たち、関係の皆さんにとっては忘れられない思い出になるのでしょうねhappy01

|

« ネーミング | トップページ | 地震はこわい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/45405/30907071

この記事へのトラックバック一覧です: 読み捨てるもの:

« ネーミング | トップページ | 地震はこわい »