« 怪奇現象? | トップページ | 前向きな気持ち »

2009年4月27日 (月)

学びました

 切れていた蛍光灯をすべて交換すると、店内が随分明るくなりました。買い置きもしておいたので、もういつ切れても大丈夫ですhappy01

 午前中、買い入れのため東広島市へ。本を拝見すると、残念ながら値を付けられるものが少なく、ごく一部だけ買わせていただきました。多くを置いて帰るのは大変心苦しいのですが、私が持ち帰っても処分するだけになってしまうので仕方がありません。お客さまには申し訳なかったです。

 お客さまに「どんな本であれば買っていただけるのですか?」とたずねられました。よくたずねられることではありますが、いつも一瞬、答えに窮してしまいます。新しいか、古いか、あるいは保存が良いか、悪いかは一つの基準ではありますが、やはり大事なのは内容です。ひと言で言えば「珍しいもの」ということになるでしょうか。年中、本と接していると、買い入れ先で目にする多くの本は「見たことのある本」になってしまいますが、そんな中、見たことのない本が目の前に現れると、やはりじっくりと見てしまいます。

 あとは、好みの問題です。自分の興味がある本は価値もよりよくわかるため正確な査定ができます。当店の場合、郷土誌や歴史、美術、書道などがそれにあたります。しかし、古書店の好みはその店がどんな本を扱っているのか実際にその店へ行ってみないとわかりません。したがって本をお売りになる場合は、いろいろな古書店に足を運び、ご自身の好みとマッチする店に依頼するのがベストといえますが、当店の場合、不便な場所にあるのでそれを強くは言えませんcoldsweats01。また、そもそも時間もそうお持ちでないでしょう。

 自店がどんな本を扱っているのか、サイトでもっと詳しく紹介するのも一つの方法だと感じました。どんな本が得意で、また、どんな本は買えないのか、わかりやすく示すことも必要でしょう。また一つ、お客さまに学びました。

 熊野町は概ね晴れsun。相変わらず肌寒いですが、昨日よりはマシな気がします。今夜は即売会についての打ち合わせがあります。そろそろ具体化していきたいと思っています。

|

« 怪奇現象? | トップページ | 前向きな気持ち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/45405/29321574

この記事へのトラックバック一覧です: 学びました:

« 怪奇現象? | トップページ | 前向きな気持ち »