« 講演 | トップページ | お互い残念 »

2009年2月10日 (火)

カネ、カネ、カネ

 昨夜のNHKスペシャルは「振り込め詐欺」でした。詐欺を「職業」とする若者たちの言葉。「だまされるのは馬鹿」「金のためなら何でもやる」とモザイクの向こう側で臆面もなく言い切る姿を見て、やりきれない気持ちになりました。だまされたお年寄りが絶望しようと、とにかく「自分さえ良ければ」それで良い……。

 リーダー格の男の話しぶりには知性が感じられました。一流大学、一流企業出身の者が詐欺に手を染めることはまったく珍しくないそうです。高層ビルから貧困にあえぐ労働者たちを見下ろし、そのほおを金でなで、金の引き出しや運搬など危ない橋は彼らに渡らせる。そして、自分たちは絶対に捕まらない、と。

 金があれば何でもできる、と言った社長が少し前にいましたが、どうやらその後も拝金主義の広がりは加速しているようです。このままだと近い将来「助け合い」「情」などは死語となって嘲笑の対象となり、弱肉強食の殺伐とした世になるのは避けがたい気がしてきました。考えれば考えるほど、いくつもの原因と明るくない未来が浮かんでは、消えていきます。

 今日の熊野町は憂鬱な気持ちを晴らしてくれるような青空。暖かい日が続いています。明日は朝から呉市へ買い入れの予定。良い出会いがありますように。

|

« 講演 | トップページ | お互い残念 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/45405/27960186

この記事へのトラックバック一覧です: カネ、カネ、カネ:

« 講演 | トップページ | お互い残念 »