« 紙もの | トップページ | 使い分け »

2008年11月 3日 (月)

踏んだり蹴ったり

 昨日の天皇賞、良い競馬でしたね。人気馬3頭の壮絶な競り合い、軍配はウオッカに上がりましたが、2cm差で敗れたダイワスカーレットもさすがの強さでした。2,000m走って2cmの差。勝敗を分けたのは運でしょうか、それともこれまでG1ではダイワスカーレットに一度も勝てなかったウオッカの執念でしょうか。2頭とも歴史的な名馬であることは確かです。

 良い競馬でした。が、私の馬券ははずれてしまいました。惜しかった4、5着馬を買っていました。上位の5頭の差は順にハナ、クビ、ハナ、クビ。ちょっと入れ替わってくれれば……というのは競馬では言わない約束。でも……。

 夜、さらなる悲劇が私を待っていました。風呂から上がり、薄暗い台所のあたりを歩いたとき、何かを踏んだ感触がありました。あれ、なんだろうと足元を見ると「あれ」でした。黒光りする虫が踏まれてなおのろのろと床をはっていました。もちろん「あれ」をティッシュでとらえて捨て、シャワーで足の裏を洗いましたが、嫌な感触がしばらく残りました。最悪です。「あれ」を見かけるシーズンはもう終わりかと思っていましたが、まだいるんですね。寒さで弱っていたのかもしれませんが、踏まれるような場所にいないでほしいものです。というわけで、生まれて初めて素足で「あれ」を踏みました。本当に忘れられない感触です……。

|

« 紙もの | トップページ | 使い分け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/45405/24987277

この記事へのトラックバック一覧です: 踏んだり蹴ったり:

« 紙もの | トップページ | 使い分け »