« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月31日 (金)

ハゼ釣り

 昨日は定休日。クルマで20分ほどの川へ、この秋初めてハゼ釣りに行ってきました。時期的に少し遅いのでどうかなと思いながらの釣りでしたが、案の定、食いは鈍く、1時間かけて夫婦で7尾釣るのがやっとでした。しかもうち6尾は妻が釣ったものです。いつもは私のほうがたくさん釣るのですが、昨日はなぜか妻にばかり当たりがあり、私は一番先に1尾釣ったのみ。完敗に終わりました。しかし、いつものことながら釣りたてのハゼの天ぷらは最高の味です。何度も書いていますが、キスのそれより私は好きです。前に一度、ハゼを刺身で食べてみたことがあり、その泥臭さに閉口しましたが、天ぷらにするとどうしてこんなに美味しいのでしょう。不思議です。今年は終わりつつあるようですが、簡単に釣れて美味しいハゼの季節、来年は忘れないようにしたいと思います。

 熊野町は曇り。終日、雨にならないのが不思議なくらいの暗さでした。最近は18時を過ぎると当店の周囲は真っ暗になります。街灯もあまりなく、本当に寂しい雰囲気ですが、19時まで営業していますのでどうかこわがらずお近づきください(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月29日 (水)

大きな喜び

 日々秋の深まりを感じます。季節は秋から冬へ。そろそろ灯油が必要になりそうです。

 高校の大先輩が当店を訪ねてくれました。カープの球団史をお買い上げいただきました。カープに関する本は私の趣味の範囲内であるため値付けは辛く、そのことに恐縮しながら手放す惜しさもまた強く、なかなか手に入らない本であるだけに複雑な気持ちでした。とはいえ「思い」のある方に本をお譲りするのは、古書店の大きな喜びの一つです。棚に並べられたままであるより、本にとっては幸せなことに違いありません。明日は定休日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月28日 (火)

市を育てる

 昨日、大阪組合の市(いち)へ行ってきました。規模の大きな大市ではなく、定例の市だったのですが、古書会館の2フロアを埋め尽くした本の量に驚きました。残念ながら地元広島の市とは規模が違い過ぎます。毎週、これだけの量、質を取引できればさぞ楽しいだろうなあと今さらながらうらやましく思いました。いや、街の規模は違えど広島も負けてはいられません! 市を育てるのも古書店の大事な役割のはずです。一歩でも近づきたいもの。

 アッシュ書店さんの協力で出品もでき、当店も積極的に売買させていただきました。持ち込んだ本はすべてご入札いただき、ありがたい限り。買うほうはさすがにレベルが高く、ほとんど買うことができませんでしたが、それでも数万円は買わせていただき、売り越しながら満足度の高い市となりました。これだけの量の本を目の前にしたのは春以来だったため、ちょっと疲れました(笑)。毎回は無理ですが、勉強のためにも今後も時々は参加したいと思います。また、今回は前日から大阪に入ったため、店を丸2日間空けることになってしまいました。ご注文やお問い合わせへの対応が遅くなりました。申し訳ありませんでした。

 今日の熊野町は曇りのち晴れ。午前中は(寒いなあ)と思わずぼやいてしまうほど冷え込みましたが、日が差すとそこそこ暖かく、気持ちの良い午後になっています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月24日 (金)

愕然

 昨日は定休日。昼間は家の中でだらだらと過ごし、夜だけ古書店の会合のために市内へ出ました。30〜40代の集まりとしては珍しく、おしゃれなお店が会場。スペースの割にはテーブルが少なくぜいたくなつくり、本で埋まっている当店とは大違いでうらやましく思ったり。料理も肉、魚ともおいしく、やがて本格的に降り出した雨を横目にゆったりと時間を過ごすことができました。昨夜は気持ち良く時を過ごしただけで、即売会についての話はほとんどなし。近況報告や情報交換にとどまりました。まあ、まだ目安の来秋まで時間があるから……と余裕をかましていたら多分あっという間にそのときが来てしまうので、次回は何か、語れるほどの構想を持ち込みたいものです。

 雨は朝までにあがり、今日は曇り空。定休日明けの少し多めの仕事を済ませ、前から気になっていた古書ひと山の値付けに挑みました。古い本なので慎重に扱いながら、次々と中を見て愕然としました。どれも……安い本ではありません。思い出せば、お客さまから明らかに安く買っています。数千円で買わせていただきましたが、もう一度、査定をやり直させていただけるなら数倍は支払わせていただきたいレベルの本です。何でそのとき、気がつかなかったのかと頭を抱えました。

 そのお客さまは古書店に失望したでしょう。いろいろな意味で申し訳ないことをしました。査定は慎重にやらなければなりません。高く買ってしまうのはマシで、安く買ってしまうのは最悪です。あえてここに書かなくても良いできごとですが、自戒の意味で書き置きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月22日 (水)

本が動く季節

 夕方から雨が落ちてきました。日が差していればそこそこ暖かい今日この頃ですが、曇りや雨の日はさすがに秋の深まりを感じます。

 大市(おおいち)のシーズンが始まろうとしています。市は各地で定期的にありますが、とくに規模が大きい「大市」は不思議と秋から春に集中しています。知らないだけかもしれませんが、12月から4月以外の月に私は大市に参加したことがありません。全国的な組織である全古書連の大市も毎年4月です。理由はいろいろあると思いますが、各店、買い入れの依頼が多いのもこの季節です。夏場は少ないように思います。これからがダイナミックに本が動くシーズンといえるかもしれません。買い入れや市買いにより、新しい本がどんどん入ってきます。忙しくなりますが、おおいに楽しみです。

 明日は定休日。夜、有志の定例会があります。即売会の実施へ向け、進展があるかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月21日 (火)

ひたすら検品

 日の暮れるのがすっかり早くなりました。いつも気がつけばあたりが真っ暗になっていて驚かされます。秋の日はつるべ落とし、うまいこと言うものです。

 来週の月曜、大阪組合の市(いち)へ行ってきます。大市ではない、通常の規模の市へ行くのは珍しいのですが、一つのパターンとして知っておきたい気持ちがあり遠征します。何日か前からその出品の準備に取りかかっています。ちょうど今は在庫が多いので、出品する本には困らないのですが、チェックなしで出すわけにもいかないのでひたすら検品の毎日です。明後日までにひと区切りつけたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月19日 (日)

あいさつ

 先日買い入れた本を運び上げると倉庫が一杯になりました。幸い通路は確保できる程度で何とか収まりました。今回買い入れた本は全体的に保存が良いとはいえないので、拭き取りや検品に時間がかかりそうです。目標は年内に整理し終えることですが、難しいかもしれません。面白いもので、店内がだいぶ片づいたかなと思うころに買い入れの依頼をよくいただきます。そのタイミングは絶妙です。今回もそうでしたが、本との新たな出会いの機会を常にいただけることは本当にありがたいことです。

 昨夜、同窓会関係の席でマイクを握る機会があり、人前であいさつをしました。経験が浅いこともあると思いますが、いつもあがってしまい、うまく話すことができません。堂々と話せる人がうらやましいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月17日 (金)

体が資本

 朝から買い入れのため東広島市へ。当店のデミオでちょうど2往復。比較的、大口の買い入れとなりました。残念なことに本がやや湿気ていたため、店に持ち帰ってから陰干しをしました。また、やや汚れてもいたため、社員総出(家族3人)で拭き取りもしました。しかし湿気ていても汚れていても、良い本は良い本なので入手できたことはうれしいです。当たり前ですが、肝心なのは中身です。

 みかん箱1つが30kgとして、今日一日で50箱以上は運んでいるので、のべ1.5t以上は本を運んだことになります。箱を持ち上げる度、腰を痛めないよう注意していますが、負担がかかっているのは間違いありません。意外と体が資本の職業なので、休めながら整理に励みたいと思います。また、たくさん汗をかきました。メタボ体型解消のために運動をしたり食事に気をつけたりしていますが、買い入れに勝るダイエット法はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月15日 (水)

もう一歩

 地元の市(いち)があるため今朝は少し早起き。それでも7時ですが(汗)。外へ出ると一面、霧の中でした。熊野町は盆地のため、しばしば霧の海と化します。8時半まで仕事をし、出発するころには霧はどこへ、快晴になっていました。今回の市は当店の出品は控えめでしたが、全体的にはいつも通りの量。このところ安定しています。ほしいものがいくつかあったのですが、もう一歩が踏み出せず大半が惜敗。落とせたのは数点のみで、大幅に売り越しとなりました。

 1万円入れたら落ちるけどなあ、と思うものに9千円しか入れられず、5千円入れたら落ちるけどなあ、と思うものに4千円しか入れられませんでした。後で確認するとその通りになっているのは幸か不幸か……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月14日 (火)

鮮血

 朝は小雨でしたが、現在は時々晴れ間がのぞいています。過ごしやすい一日ですが、まだ蚊がいるのはなぜでしょう。目の前の蚊を叩くと真っ赤な血が手につきました。首筋がかゆいのはこいつのせいに違いありません。

 明日は地元の市(いち)。いつものように文庫、新書が中心になりますが、出品の準備をしました。車に積み終えましたが、まだまだ余裕があります。夕食後にもうひと整理して、一つ二つでも追加したいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月12日 (日)

ランニングウォッチ

 昨夜からまた一段寒くなった気がします。連休の中日、いかがお過ごしでしょうか? 当店は、連休はとくにお客さまが少ない傾向もあり、比較的のんびりと過ごさせていただいています。良いチャンスなので在庫の整理を集中的に行いました。明日も引き続き、段ボール箱に入れっぱなしの本を整理しようと思っています。

 昨日、先日注文したランニングウォッチが届きました。スポーツの秋、ということでいよいよ買いました。いよいよ、というのはこれまで何回かマラソン大会に出場したのですが、いずれも時計をつけずに参加したため、ちょっと不便だったからです。時間が知りたいときは周囲の参加者に「いま何分ですか?」とたずねていたのですが、私が遅すぎるため、走っているうちに周りがまばらになり、誰にも時間を聞けない状態になることがよくありました。しかし、これで解決です。せっかく買ったので夜間のランニングにももう少し力を入れようと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月11日 (土)

気持ちは来季

 プロ野球、セ・リーグが決着しました。巨人による、史上まれに見る大逆転。阪神との10数ゲーム差がみるみる詰まり、それでも逆転までは……と思う間もなく一気に差し切ってしまいました。麻雀でいえば、阪神が早々に数巡目でリーチをかけたものの意外とあがれず、もたもたしているうち終盤、巨人に追っかけリーチをかけられ一発でツモられたようなもの。鮮やかな逆転劇でした。

 かくしてクライマックスシリーズへ進むのは巨人、阪神、中日と下馬評通りになったわけですが、後半戦はカープ、ヤクルトの踏ん張りもあり、なかなか盛り上がりました。贔屓目かもしれませんが、カープとヤクルト、そして巨人は若手の台頭が目立ちました。対して阪神、中日は例年にない不安定さを見せました。来季はチャンピオンの巨人を、実績の阪神と中日、そして上昇中のカープとヤクルトが包囲する、そんな混戦になるような気がします。いや、意外と横浜の巻き返しもありえます。今シーズン、カープと阪神に引導を渡したのはほかでもない、意地の横浜でした。カープがひと足先にシーズンを終えたこともあり、私の気持ちは早くも来季に飛んでいます。

 熊野町は曇りのち晴れ。日中は半袖でちょうど良いくらいの陽気がうれしいです。隣町の東広島市では今日、明日と「酒まつり」があります。全国から集められたお酒が飲み放題という素晴らしい祭りです。昨年、初めて行ってみたのですが、お酒もさることながら屋台の食べものも豊富でだいぶ楽しめました。残念ながら私は明日も行けませんが、おすすめの祭りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月10日 (金)

今こそ読書を

 株価が暴落しています。今日も一時は1000円以上下げたそうで、こわいくらいです。アメリカが咳をすると日本が風邪をひく、なんていいますが、アメリカは今、咳をしているどころか寝込んでいる状態。この先、日本はどうなってしまうのでしょう。風邪のひき始めでないことを祈るばかりです。

 と、書きましたが、古書の業界に関しては今のところ不況の影響はありません。景気に左右されない、というよりハナから蚊帳の外? 個人の消費が落ち込めば、本も売れなくなりそうなものですが、本離れが行き着くところまで行っているのでしょう、ここ数年で極端な落ち込みは感じません。むしろ不況だからこそ、安くてためになる(?)本というものが見直されないかと期待してしまいます。幸い、古書の価格はずいぶん前に暴落しています……。

 食べものの価格も徐々に上がっています。ガソリンは高値で推移しています。食欲の秋、行楽の秋も良いですが、お金のかからない「読書の秋」も悪くないと思いますよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 8日 (水)

連想

 キンモクセイの香りがあちらこちらから漂ってきました。この香りからトイレを連想する人は、一定の年齢以上らしいです。芳香剤の香りといえばまずキンモクセイで、その香りからトイレを連想するのは当然のように思っていましたが、意外にも今は芳香剤の香りとしてあまり使われていないそうです。私の鼻は現在詰まり気味ですが、それでもはっきりとわかるキンモクセイの香り。そんな強い香りが必要ないほど消臭の技術が発達したということでしょうか。トイレを連想しない世代と私ではキンモクセイの香りの感じ方がまったく違うはずです。一度たずねてみたいものです。

 明日は定休日。岡山組合の市(いち)がありますが、今月もパスします。一時は毎月のようにお邪魔していましたが、気がつけばしばらくご無沙汰です。来週、地元の市がひかえているのでそれに専念します。また、月末は久しぶりに大阪組合の市へ行ってみようと思っています。手ぶらで大阪まで行くわけにはいかないので、地元の市が終わったら急いで準備に取りかかりたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 6日 (月)

好きなタイプ

Img_0424 写真のような本を整理していると楽しくなります。仕事の手を止めて精読したくなります(しませんが……)。

 子どものころからなぜか日本史が好きで、小学生のころ、歴史上の人物の伝記をよく読みました。高校のときは日本史の成績だけ突出し、ほかはぼちぼちでした。ゲームは「信長の野望」ばかりしていました(笑)。大学は、文学部の日本史学科に進む手もありましたが、結局、違う学部にしました。両親には日本史学科をすすめられましたが、歯向かいました(笑)。そのときは考えもしませんでしたが、古書店の店主になるのなら、日本史学科にしておけば良かったと今となっては思います。当時は文学部では就職がきついと思い込んでいました。あらためて考えてみると、このことに限らず(あのとき、ああしておけば良かった)ということ結構ありますね。そのときは気づきにくいことですが。

 今日の熊野町は晴れ。気温もそこそこ上がり過ごしやすい一日でした。しばらくは秋晴れが続くようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 5日 (日)

いがいが

 朝から雨。午後から本降りとなっています。寒い秋の一日で、お客さまもありません……。

St330091 開店前、雨が小降りのうちに栗拾いをしてきました。店から歩いて10分ほどの畑に栗の木が2本あり、そこで栗を拾うのがこの時期の楽しみの一つとなっています。このところ雨の日が多く、拾いに行くのが数日遅くなってしまったせいかピークは過ぎてしまったようで、ほとんどがもう木から離れて落ちていました。いつもは熟した「いがいが」を棒で叩き、それごと落とすのですが、今日はもっぱら地面に落ちた「いがいが」を拾って回りました。一つの「いがいが」に栗が2、3個入っています。持って帰ってそこから栗を取り出し、昼食で栗ごはんとして早速いただきました。栗は拾うより、むく作業のほうが断然面倒くさいのですが、そこは妻任せです(笑)。今年はやや不作に思えましたが、近所におすそ分けをしてもまだしばらく楽しめそうなくらいはありました。しかももう1回くらいは収穫できそうです。ところで「いがいが」とは栗を包んでいるとげとげのことです。勝手に名づけてみました(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 4日 (土)

ハマチ

 カープのCS進出がなくなりました。残念なことこの上ありませんが、これでやっと仕事に集中できます(笑)。CSを勝ち抜き、再び市民球場で試合をしてほしかったですが、仕方がありません。来年こそ優勝めざせ、カープ!

 今朝、近所のスーパーで「わたりがに」の売り出しがあることをチラシで知り、あわてて買いに行きましたが、開店15分後にもかかわらず売り切れていました。みんな狙ってたんですね。代わりに天然もののハマチ、丸ごと1本1,000円を買って帰りました。妻に解体(?)してもらい、昼食、そして夕食で刺身、煮付けをいただきました。さすがに新鮮で美味しいのですが、まだまだ余っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 1日 (水)

正念場

 このごろ2日に1回はこの話題ですみません。カープが崖っぷちに追い込まれています。一昨日、昨日と痛い連敗を喫し、3位ドラゴンズとのゲーム差が1となりました。ドラゴンズが休んでいる間にカープが勝手に転んだ格好で、痛いというほかありません。しかし、試合は今日も明日もあります。残り5試合、本当に負けられなくなりました。いよいよ正念場です。がんばれ、カープ!

 熊野町は晴れ。台風が過ぎ、気持ちの良い秋晴れとなりました。おかげで今日は半袖Tシャツで過ごせました。明日は定休日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »