« 考える場面 | トップページ | エース覚醒 »

2008年7月27日 (日)

満足

0094 昨日、広島港の花火大会に行ってきました。幸い熊野町からは臨時の直行バスが出ているため、人出の割には「行きやすい」花火大会です。花火大会といえば会場までの往復が面倒。座ったまま楽に往復できるのは大きなポイントです。毎年感じることですが、この花火大会は打ち上げる花火の選択に主催者の工夫が感じられ、なかなか楽しませてくれます。今年も期待以上でした。印象的だったのは海外の作品で、海面に赤い光が漂い続ける不思議な花火です。花火のじゅうたん、という説明でしたがその通りの光景でした。また、カープにちなみ赤い花火ばかりを打ち上げるコーナーも個人的にはお気に入りです。打ち上げ台が海岸から近い海上にあり、音や振動の迫力がすごいのも魅力の一つ。昨日は風向きのせいか、花火のかすが降り注ぎ、敷物を汚すほどでしたが、それほど近いということです。もちろん名物の水中花火もあり、ラストまであっという間の1時間でした。

 以前、関西に住んでいたので、打ち上げ数や人出がすごい花火大会をいくつか知っていますが、花火の質や花火との近さ、海岸というロケーションなどを考え合わせると「おすすめ度」ではむしろ上かもしれません。地元でそれを楽しめる幸せを感じた時間でした。

 熊野町は今日も晴れ。扇風機が大活躍しています。エアコンは設置する気がなく、冷風機の購入を考えたこともありましたが、昔ながらの扇風機がやはり体には良い気がします。しかもあるとないとでは感じる暑さが大違いです。今年も汗をかきながら夏を乗り切ろうと思います。

|

« 考える場面 | トップページ | エース覚醒 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/45405/22583369

この記事へのトラックバック一覧です: 満足:

« 考える場面 | トップページ | エース覚醒 »