« 逆の立場 | トップページ | 古書店泣かせの街 »

2008年5月13日 (火)

サイレン

 熊野町は現在、滅多にみられないくらいの雷雨に見舞われています。午前中は晴れ間もあったのですが、15時くらいより雷鳴が聞こえはじめ、続いてすさまじい雨となりました。店の前の道はもう川のようになっています。そして時折、雷の波動が倉庫を震わせます。夏の夕立のようです。

 昨夜、日付が変わったころ、町内にサイレンが鳴り響きました。火災の知らせです。熊野町では、町内で火災が発生すると町内一帯に空襲警報のような(実際に聞いたことはありませんが……)大音量のサイレンが鳴り響き「火災発生! 火災発生! 場所、○○地区〜」という放送が繰り返しあります。町内に緊張が走る一瞬です。つい、しっかりと聞いてしまいます。皆さんがお住まいの地域ではいかがでしょうか? 田舎ならではの放送かもしれません。昨夜の火災は当店から歩いて15分ほどの地域であったようですが、窓から顔を出してもその気配は感じられませんでした。ちょうどそろそろ寝ようかと思っていたころだったので、ほどなくベッドに横たわると、どこからか現場のほうへ向かうバイクの音が数回聞こえました。野次馬に違いありません。

|

« 逆の立場 | トップページ | 古書店泣かせの街 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/45405/20931021

この記事へのトラックバック一覧です: サイレン:

« 逆の立場 | トップページ | 古書店泣かせの街 »