« 一蹴 | トップページ | ピンチです! »

2008年4月18日 (金)

東京へ行ってきました

 風の強い一日。花粉を存分に浴びてしまったようで、鼻がムズムズします。花粉症のシーズンは終わりかけのはずですが、もうひと踏ん張り、油断は大敵です。

 一昨日と昨日、全古書連の総会に理事長の代理として出席するため、また、同時に開催される大市(おおいち)に参加するため東京へ。同業の方々と話をし、またたくさんの古書に触れ、おおいに刺激を受けて帰ってきました。

 全古書連の大市は、全国から古書が集まり、全国から古書店が集い入札を行う、おそらく国内で最大の古書市です。東京古書会館の地下から4Fまでが古書で埋まり、一見するだけで一日が過ぎてしまいます。古典籍からごく最近の本まで本当にさまざま古書が並べられますが、ライバルも多く、買うのは簡単ではありません。それでも今回は意外と買うことができ、同業の方に「がんばってるねえ」と冷やかされたり。入札をするときは一種、興奮するものですが、これだけの量の古書を目の当たりにしたのは初めてで、ついがんばってしまいました。正直、高値でつかんでしまったものもあります。途中で引き上げたため最終的にいくら買ったかはまだわかりません。明日か明後日には荷物が届くはずです。いつものことですが、楽しみ半分、こわさ半分です。

 今日は朝から買い入れのため広島市西部へ。以前もご依頼をいただいたお客さまで、およそ1年ぶりの再会でした。うれしいものです。見積もりののち買い値もすんなりと決まり、運び出す段になったのですが、量が結構あります。とりあえずクルマで片道30分の道を2往復したのですが、全体の3分の1も運んだでしょうか。続きはまた来週ということにさせていただきました。明日は同じく買い入れのため呉市へ行く予定です。

|

« 一蹴 | トップページ | ピンチです! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/45405/20358715

この記事へのトラックバック一覧です: 東京へ行ってきました:

« 一蹴 | トップページ | ピンチです! »