« 春の足音 | トップページ | 右往左往 »

2008年3月21日 (金)

お客さまは先生

 買い入れのため呉市へ行ってきました。今日は2件。うち1件は訪ねてビックリ、お客さまは中学のときの先生でした。正直、記憶は曖昧でしたが、先生と話しているうち、そのころを思い出しました。先生の名字も私の名字もそう多いわけではないので間違いありません。懐かしすぎます。美術の先生でした。私は美術がとくに得意でも不得意でもなかったのに記憶していらっしゃるとはさすが教師というほかありません。うれしい再会でした。

 昼過ぎに店へ戻ってからはメールのご返事と荷造りをするので精一杯。定休日明けのためご注文が多めです。ありがとうございます。いつも木曜は定休日のためご返事できず申し訳ありません。汗をかきながら荷造りを終え、クルマから本をおろすと、もう太陽が西に傾きつつありました。一息つき、このブログを書いています。それにしても今日は暖かな一日となりました。20度近くあるのではないでしょうか。一昨日は大雨、昨日は強風だったので、日差しがありがたく感じられます。

|

« 春の足音 | トップページ | 右往左往 »

コメント

ちょっとご無沙汰していたのですが、近所の実籐書店に寄ってびっくり。店主開口一番「汚くしていてすみません」って?なるほど横歩きしか出来ません。ラジオ体操並みに体をひねったり傾けたりしても、本の背表紙が見えるのは三割?

本の山によっては前の持ち主がうかがえるような気がしました。季節ですね。

投稿: KIRICKLAND | 2008年3月21日 (金) 21時51分

KIRICKLANDさま、コメントありがとうございます。

そうです、季節です。人が動く春は、本が動く春でもあります。どこの古本屋も本であふれています。ご自宅へ本を拝見しに行くことも多いですが、持ち主のお人柄がよくわかります。ご職業、ご趣味……さまざまな思いを胸に本を拝見しています。

投稿: 神鳥大悟 | 2008年3月21日 (金) 23時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/45405/11612874

この記事へのトラックバック一覧です: お客さまは先生:

« 春の足音 | トップページ | 右往左往 »