« 今年もよろしくお願いいたします | トップページ | 岡山行きの準備 »

2008年1月 8日 (火)

ただものではない

 熊野町は曇り。比較的暖かい日が続いています。午後に1件買い入れで出かけたほかは終日店内で未整理本のチェックに励みました。

Kc3a0070 写真は気賀康夫『コイン奇術の研究』(昭和39年)です。私は手品への興味は人並みで、試したこともないのですが、この本の構えにはひかれました。コイン専門であること、何ともいえないアヒルのイラスト、そして「高価な硬貨の効果」という副題(コウカナコウカノコウカ)。ただものではないと即座に思いました。

 読んでみると、期待通り(?)高価な硬貨の効果にはほとんど触れないまま、手品の手順が延々と載っていました。ただし、解説はかなり細かいです。その通りすれば、時間はかかるに違いありませんがマスターできそうです。ちなみに同じ出版社から「マッチの即席奇術」という本も出ており、これも当店にあります。忘年会のシーズンはとうに過ぎており、タイムリーな話題でなく申し訳ありません。こういう「変な本」(失礼)と出会えるのも、もちろん古書店の楽しみです。

|

« 今年もよろしくお願いいたします | トップページ | 岡山行きの準備 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/45405/9777984

この記事へのトラックバック一覧です: ただものではない:

« 今年もよろしくお願いいたします | トップページ | 岡山行きの準備 »