« 感謝 | トップページ | かなりの通 »

2008年1月25日 (金)

拝金……

 熊野町は雪のち曇り。朝起きると田畑が白く染まっていました。このところ毎日のように雪が降ります。日照もなく、結構寒い日が続いています。

 ガソリンにかかる税金のことで政治家がもめています。テレビもラジオも盛んに取り上げるので、自ずと知識が身につきます。法案が4月までに通らなければ、とりあえずガソリンが1リットルあたり25円安くなるらしいですね。この暫定税率のこと、私は恥ずかしながら知りませんでした。

 はっきり言って、ガソリン代がそのままであろうと25円下がろうと「個人的には」どうでも良いです。私は毎日クルマに乗るわけではありませんので。しかし、暫定税率の維持に大義があるかのような自民党の言い分を聞いていると腹が立ちます。財源がなくなって道路がつくれなくなっても良いんですか、と脅す彼らが守りたいのは国民の暮らしでも何でもなく「利権」でしかないからです。あまりに巨額の金が動く話なので、これがなくなると収入的にも選挙的にもとても困るんですね。本当に国民の暮らしに思いを巡らせている政治家が一人くらいはいてほしいと思いますが、実は一人もいないのではないでしょうか。集会を開き、全員で拳を突き上げている姿は不気味ですらあります。

 一方、暫定税率の廃止を訴える民主党。今回ばかりはがんばってほしいと思いますが、いかんせん衆院選へ向けてのアピールにしか見えないのがつらいところです。しかも党内も一枚岩ではないようで、維持側の集会に堂々と参加する人まで出る始末。私たちは本当に困ってしまいます。暫定税率を延長する法案が衆院で可決、参院で否決、その後衆院で再可決……が考えられるシナリオですが、この様子では民主党の議員が何人か造反し、参院ですんなり可決なんてことも十分ありそうです。つまり、ガソリンの値下げはなさそうです。

 このような話題がマスコミに取り上げられる度、いかに世の中が金で動いているかを嫌でも感じさせられます。普通に食べて、普通に生きていくのに、そんなに金が必要でしょうか。人より金のほうがエラい社会、そんなのは嫌です。

|

« 感謝 | トップページ | かなりの通 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/45405/10068580

この記事へのトラックバック一覧です: 拝金……:

« 感謝 | トップページ | かなりの通 »