« すっきり | トップページ | 原点へ »

2007年12月 4日 (火)

温もり

 当店は2つの古書販売サイトに出品しています。「日本の古本屋」と「Amazonマーケットプレイス」です。どちらも古書を登録し注文を待つという点は同じですが、決定的な違いが少なくとも2つあります。一つは決済方法です。「日本の古本屋」はあくまで1対1の取り引きで、決済の方法は先払い、後払い、代引きなど店によって異なります。対して「Amazonマーケットプレイス」はすべてクレジットカード決済です。注文と同時に決済が行われるため、売り手は商品を発送するだけで済み、不払いの心配はありません。そして、もう一つが評価制度の有無です。「日本の古本屋」には無く「Amazonマーケットプレイス」にはあります。

 今日は評価の話です。「Amazonマーケットプレイス」では、お客さまが売り手を1から5の5段階で評価します。基準は対応やスピード、梱包の丁寧さなどです。評価は公開され、次のお客さまが売り手を選ぶ際に参考とできるようになっています。「Amazonマーケットプレイス」では、だいたい平均4.5以上が優良店の基準といえるでしょうか。ほとんどの店がクリアしており、当店は現在平均4.8となっています。評価は削除することができないため、どの売り手も悪い評価がつかないよう努力し、それが結果として「Amazonマーケットプレイス」での取り引きの安全性を高めることになっています。互いの顔が見えない取り引きならではの、非常に良い制度だと思います。

 しかし当店に本日、立て続けに「1」と「3」の評価がつきました。当店の場合「1」がつくのは年に1、2回のことなので驚いています。理由を読むと、その内容は一方が送料について、もう一方が価格についてのもので、いずれも理不尽なものでした。とくに「1」のお客さまに対しては、事前に抗議があったため、それに対して丁寧に説明させていただいたにもかかわらずのことで、直接、あらためて当店を問いただすことなく評価を下すことは勝手であり、卑怯だと感じました。

 乱暴な物言いになってしまいましたが、常に誠実であることを心がけているゆえのものとご容赦ください。大きな見方をすれば、このようなこともインターネットの功罪でいうところの「罪」の面であり、寂しさを感じます。面倒なことは何もなく、クリック一つでカタがつく社会です。今回の件に限らず、とくにメールでの問い合わせでは、自分の期待通りの返答が得られないと連絡を絶つ人が非常に多いです。もちろん、全体から見ればほとんどのお客さまはそうではありません。どれだけインターネットが普及しても、商売とは人と人の取り引きです。昔ながらの温かみを求めるのは時代遅れかもしれませんが、売り買いしているものが古書という「温もりあるもの」だけに嘆きたくなるのです。

|

« すっきり | トップページ | 原点へ »

コメント

神鳥さんこんにちは。
こちらは組合に入っていないので専ら自サイトのみの販売です。自サイト立ち上げと共にアマゾンへも出品していたのですが、べらぼうに高値であったり、良い本でも1円で投売りされていたりと、あまりに適正価格を無視した売価が氾濫していたので、どうも好きになれず、逆に今では仕入先として重宝しています。

もう2年も前の話ですが、アマゾンの評価ではこちらのミスで1ヶ月も発送を放置したまま評価を1につけられたことがありました。その後、相手側にメールでよく陳謝し、確か評価を撤回して頂いたように記憶しています。店先のように顔を突き合わしているわけではないのでついついメールで用件のみの往復では情感が伝わりにくく、時として誤解を招いてしまうようですね。

日本の古本屋サイトもよく使いますが、
先日、ある書籍を検索したら神鳥さんのお店がヒットしました!今後とも宜しく御願いします(^-^)/

投稿: 寅の子文庫 | 2007年12月 5日 (水) 10時11分

寅の子文庫さま、コメントありがとうございます。

メールで解決できず電話をかけてみると物静かな人だった、ということがよくあります。メール、インターネットというものは人を大胆にさせるようです。自らにも置き換え気をつけようと思います。

自サイトのみで販売できればそれがベストですね! 当店も努力しようと思います。こちらこそ今後ともよろしくお願いいたします!

投稿: 神鳥大悟 | 2007年12月 5日 (水) 10時35分

私はどうしても見つからない場合はamazonを利用しますが、ほんとはamazonで古本を買うのは不安でしっくり来ません。
本の状態についてもですが、カード決済の支払い方法は最期の手段としたい古い考えです。
以前たまたま一度amazonで神鳥書店さんにヒットした時は、安心して買えました。
こういう流れの人がけっこういるかも知れませんね。
やっぱり、古本というのはいくらネット経由でも、お店と一対一で信用取引の上で買いたい類です。
でも、今までamazonnでも古本屋さんで失敗したことは無いですよ。
ネットは人を大胆にさせるって、確かにありますね。
え。。。と、私は神鳥書店さんを評価したっけ?忘れてしまいました~

投稿: mopira | 2007年12月 5日 (水) 13時02分

mopiraさま、コメントありがとうございます。

欲しい本を販売しているのが知っている店だと私も安心します。カード決済はつい買いすぎてしまうのも欠点ですね!

互いの顔が見えないからこそ誠意や思いやりというものがより必要な気がします。業界の信用のためにも心がけたいと思います。これからもよろしくお願いいたします。

投稿: 神鳥大悟 | 2007年12月 5日 (水) 13時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/45405/9248793

この記事へのトラックバック一覧です: 温もり:

« すっきり | トップページ | 原点へ »