« 星の数 | トップページ | ジャパンカップ »

2007年11月24日 (土)

続いている意味

 引き続き晴れ。3連休ですが、熊野町はいつもと同じ静けさに包まれています。当店の場合、お客さまは平日より土日のほうが多いですが、連休になるともっと多いということはない(最近気づきました)ので、今日ものんびりと仕事をさせていただいています。

 昨日は四国よりお客さまがみえ、終日、当店でゆっくりと過ごしていただきました。遠方より本当にありがとうございました。当店が広島市内にあったころからのお客さまで、先代である父ともお話しいただきました。何度もお越しいただける場所ではありませんが、また機会がありましたらぜひお立ち寄りください。

 当店が広島市内にあったころ、さらには広島大学が移転する前のころのお客さまが年を重ねていらっしゃるように、当店も年月の経過とともに姿を変え、場所を変え、現在に至っています。例えば広島大学の学生、あるいは教員だったお客さまが当店をご贔屓にしていただいていたころ、時々、店番をさせられていた小さな子どもが今、こうして店を守り、これを書いています。私にとっても、店番をしながらラジオの野球中継を聞いたり、宿題をしたり、あるいは居眠りをしたりという思い出は懐かしく、昨日のことのようです。自分にとってある年月を過ごした場所が今も確かにあるということは実は幸せなことで、かつての当店を知るお客さまにもそれを感じていただければ、それも一つの「意味」といえるかもしれません。当たり前のことですが、多くの方に支えられて今日の当店があるということをあらためて思った次第です。

|

« 星の数 | トップページ | ジャパンカップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/45405/9089207

この記事へのトラックバック一覧です: 続いている意味:

« 星の数 | トップページ | ジャパンカップ »