« 良い買い入れ | トップページ | 揺れる思い »

2007年11月 9日 (金)

意外な決断

 今シーズン、FA権を取得し去就が注目されていたカープ新井選手が昨日、FA権の行使を発表しました。会見の模様をニュースで見ましたが、大粒の涙をぽろぽろとこぼし、何度も言葉に詰まる様子は異様なものでした。カープファンとしては、泣くくらいならカープを出なきゃいいのにと思いますが、カープでは彼の望む優勝争いはかなわないという判断があったのでしょう。涙の会見の影に隠れてしまいましたが、要するにカープは見切りをつけられたわけです。

 どうなのでしょう。確かにカープは万年Bクラスですが、言い方を変えればこれ以上落ちることはなく、近年は世代交代も順調に進んでいます。再来年には新球場のオープンも控えており、弱いながらもムードは決して悪くありません。新井選手の移籍先は阪神が有力視されていますが、私の見るところ、阪神にもはやかつての勢いはなく、彼の望む熱い戦いがそこにあるかは微妙です。もちろん、ひいき目が多分に含まれていることは否定しません。加えて、自分が引っ張ってチームを優勝に導くのと、言い方は良くないですが外様として迎える優勝とでは喜びの度合いが違う気もします。カープは今年、エースの黒田投手も失う可能性があります。そうなれば、まさに投打の軸を欠くことになるわけですが、改革のまたとないチャンスでもあります。

 阪神とカープ、はたして先に優勝するのはどちらでしょうか。新井選手はいろいろな意味で良い選手です。葛藤の涙もそれを証明しています。移籍しても活躍できるでしょう。しかし私には、彼の今回の決断は彼にとって凶と出る気がしてならないのです。子どものころから赤い帽子をかぶり、カープで大きく成長した新井選手。彼らしくない決断でした。やはりカープで優勝してほしかったと思ってしまうのです。

|

« 良い買い入れ | トップページ | 揺れる思い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/45405/8837830

この記事へのトラックバック一覧です: 意外な決断:

« 良い買い入れ | トップページ | 揺れる思い »