« みみっちい話 | トップページ | 続いている意味 »

2007年11月23日 (金)

星の数

 ミシュランガイド東京版、が売れているそうです。私は星の数にも東京の店にも興味がありませんので買いません。買いませんが、正直、東京にいれば買ったかもしれません。それこそ星の数ほどある店の中からおいしいところをさがすために時間とお金をかける手間が省けますからね。目安にはなります。一方、この本が売れることによって、売り上げが爆発的に伸びる店、そうでない店、悲喜こもごもがありそうで、いずれにしても気の毒な気もします。評価される側は大変です。ところで、もしミシュランガイド古書店版があれば、当店はどのような評価になるのでしょう。想像すると楽しいです。星の数は想像もできませんが、もし「対応の良さ」の項目があるとすれば、せめてそれだけは満点をいただけるよう、常に誠実でありたいとは思っています。

Kc3a0056 定休日の昨日、県北の三段峡というところへ紅葉を見に行ってきました。もう1週早く行ければ、と思いながらクルマを走らせていたのですが、着いてみると案の定、残念ながら見ごろは過ぎており、燃えるような赤が渓谷の水面に映える、というようなことはありませんでした。入り口から川沿いの遊歩道を妻、愛犬カルパとともに1時間ほど歩き、山あいの茶屋で休憩をして、折り返しました。ピークは過ぎていましたが、それでも赤や黄色が少しは残っており、淵や瀬のどこまでも深い青緑とともに目を楽しませてくれました。広島に住んでいながら実はこれまで足を踏み入れたことがありませんでしたが、良いところだなと素直に感じました。今度は紅葉の見ごろを逃さないよう、事前にチェックしてから行きたいと思います。

|

« みみっちい話 | トップページ | 続いている意味 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/45405/9072522

この記事へのトラックバック一覧です: 星の数:

« みみっちい話 | トップページ | 続いている意味 »