« 続いている意味 | トップページ | 古書の旅 »

2007年11月25日 (日)

ジャパンカップ

 武豊騎手が金曜、土曜と重賞を連勝し、日曜もメイショウサムソンには逆らえないムードです。人気も断然で面白くないのですが、これといったライバルも見当たらず本命視は仕方のないところ。ただし相手探しは難解です。

 軒並み人気がない外国馬も不気味ですが、日本勢ではフサイチパンドラが気になります。成績にムラがあり、今回もまったく人気はありませんが、この馬、スムーズな競馬ができれば侮れません。昨年のオークス、エリザベス女王杯、今年のエリザベス女王杯といずれも牝馬限定戦ながら結果を出しています。東京の芝もオークスの2着がありますし、昨年のジャパンカップではメイショウサムソンに先着しています。先行馬が少なく、外めの枠からスムーズな競馬ができそうな今回は期待して良いのではないでしょうか。心の本命馬です。

|

« 続いている意味 | トップページ | 古書の旅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/45405/9097266

この記事へのトラックバック一覧です: ジャパンカップ:

« 続いている意味 | トップページ | 古書の旅 »