« 新展開 | トップページ | 誤算 »

2007年9月30日 (日)

雨中の決戦

 熊野町は曇りのち晴れ。現在、空は晴れ渡り、西日が倉庫内に強く差し込んでいます。

 一方、画面の富士スピードウェイはずっと雨。F1の日本グランプリは雨中の一戦となりました。日本勢はホンダもトヨタも、そして2人のドライバーも振るわず、8位までに与えられるポイントを獲得することができませんでした。視界の悪い中でのレースでクラッシュやリタイアが続出しましたが、悪条件でも強いチーム、強いドライバーはやはり強いという当たり前の結果に終わりました。

 数年前、鈴鹿サーキットへF1を見に行ったことがあります。幸い日曜の決勝は好天でしたが、土曜の予選は今日のような雨だったことを思い出します。初めてF1を生で見ての感想は「速い!」そして「うるさい!」です。ストレートで見たのですが、クルマが右から左へと次々に駆け抜け、首を動かすのが忙しかったです。それはそうです、速度は200キロをゆうに超えています。そして、それだけの速度を生み出すエンジンの音が凄いこと! 会話をするのも困難で、爆音は脳天に響くかのようです。こう書くと、楽しくなかったかのようですが、そんなことはもちろんなく、まさに別世界を体感できたことに感動し、またぜひ機会を作って行きたいと思いました。今のところ実現していませんが、今度は小さめの耳栓を準備して行きたいと思います。

|

« 新展開 | トップページ | 誤算 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/45405/8177048

この記事へのトラックバック一覧です: 雨中の決戦:

« 新展開 | トップページ | 誤算 »