« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月31日 (火)

究極の目標

 7月最後の日、晴れ。暑さが厳しい一日でした。台風が近づきつつあるとのことですが、今のところその気配は感じられません。

 度々あることですが、私にとっての「良い本」にメールやファクスなどで注文が入ると「あっ!」と思わず声が出てしまいます。そういうときはあわてて走り読みを試みるのですが、だいたい読み切れません。そういう本に限って「今生の別れ」になりそうな気がして、惜しい気持ちがわき上がります。とはいえ発送を一日遅らせるわけにもいかず、泣く泣く送り出すことになります。非売品にしてしまうとのも店としてナンですし、極端に高い値も付けられず、好みの本ほど値付けの難しさがあります。いつの日か、そういう本だけで棚を埋めたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月30日 (月)

花嫁修業

07300001 写真は昭和15年、主婦之友社発行『住宅の知識 続主婦之友花嫁講座』です。今で言うマニュアル本の類で、いわゆる「主婦の心得」が紹介されています。発行が戦前ということで、内容は現在では考えられないようなものも含んでいます。マイホームを建てるときの注意点や法律上の注意、インテリアの選び方、あるいは家相などの項目は今読んでも通用しそうですが、読み進めていくと「防空住宅の造り方」や「毒ガスの種類」「地下式防空壕の造り方」など、戦時中を思わせる内容が続々と出てきます。防空壕は設計図も載っており、実際に造れそうです。快適に暮らす以前に、生きていくことに努力を強いられた時代……花嫁講座というタイトルのイメージとはほど遠い内容に、今さらながら平和の尊さを思いました。

 熊野町の今日は曇り時々晴れ。正午ごろ少し雷雨があり、そのせいで今日も蒸し暑くなっています。自慢の立て看板の文字は和紙に書いてあり、それを板に留めているだけなので雨は困ります。雷の音を聞いてあわてて片づけましたが、少し濡れてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月29日 (日)

夏らしい行動

 熊野町は曇り。といっても雨が降る気配はなく、蒸し暑くなっています。開店前に選挙の投票を済ませ、今日は何となくエアコンを使わずに仕事をしています。店内の気温計は33.7度を示していますが、それでもいつもより暑さを感じないのはどういうことでしょうか。倉庫は猫の額ほどの空きスペースがようやくありましたが、そこへ住居スペースから本を持ち込んで積んだため、再び満杯になっています。8月は市(いち)が盆の後になるため、それへ本を持ち込みたくても日が遠いです。すさまじいペースで本が売れれば解決するのですが、そう都合良くはいかないので、できるだけ通行の邪魔にならないよう、整然と積んでおくしかありません。

07280007 昨日は閉店後、広島港の花火大会に行ってきました。先日の川遊びに続く夏らしい行動です。写真は水中(水上?)花火。宮島の花火大会の象徴ですが、最近はあちこちで見られるようになっていますね。今年は打ち上げ数が増えたことも理由ですが、あまり見たことがないような花火も多数あって、昨年より見応えがありました。面白かったです。ただしその分、楽しみにしていた人も多かったせいでしょうか。昨年はゆうゆう買えた芝生席が今年はぎりぎりで買えず、敷物なしでコンクリート上に座ることになってしまったのは誤算でした。来年はちゃんと前売り券を買っておこうと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月27日 (金)

アピール

 昨日は定休日。府中市の「三郎の滝」へ行ってきました。滝といってもそう大きなものではなく、三本の小さな滝の間になめらかな岩が連続してあり、そこを滑り台のように滑り降りて遊べることが売り物のスポットです。夏休みの子どもたちが歓声と水しぶきをあげながら楽しそうに次々と滑り降りていました。私は足を水につけて涼をとっただけでしたが、あの天然滑り台は大人でも絶対に楽しいと思います。一方、看板犬のカルパは初めての川遊び体験。妻に川へ投げ入れられ、あわてていました。足がつく程度であれば嫌がらないようですが、ちょっと水嫌いになってしまったかもしれません。川のそばに釣り堀があり、そこでニジマスを釣って、その場で焼いてもらい二人と一匹で食べました。夏らしい一日でした。

07270002 遊び疲れのため、今日は集中力が今ひとつでしたが、一つくらいは成果を、と立て看板を作ってみました。作ったといってもホームセンターで板とちょうつがいを買ってきて板同士をつなげただけですが、十分なものができました。これで道行く人やクルマにアピールしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月25日 (水)

男たる者……

 今日も晴天。良い天気が続きます。暑い中、店の前をいつもの小さな子どもたちがいつものように小さな自転車に乗って競争をしていました。よくある微笑ましい光景ですが、今日は子どもの一人が大声でこう言いました。「男たる者、無駄死にはせぬ!!」。何があったのでしょうか。大音声でした。頼もしい子どもです。

 昨日、昼過ぎにアッシュ書店さん、夕方に芸備書房さんが来店されました。アッシュ書店さんは、このブログに何度かご登場いただいている呉市の新規の方です。定休日とのことで、愛犬のひめちゃんを連れて、お見えになりました。ひめちゃんと当店の看板犬、カルパは仲こそ悪くないのですが、どこかお互いよそよそしくて、見ていると可笑しいです。何点か本も買っていただきました。ありがとうございました。芸備書房さんは鉄道関係の書籍がメーンのお店。私も嫌いではないので、話が弾み、長居させてしまいました。申し訳ありませんでした。鉄道関係の本は当店にはそうないのですが、それでも本を何冊かと切符などを買っていただきました。今度は当方がおじゃましたいと思います。ありがとうございました。

 お客さまと話をするのも楽しいですが、同業の方と話をするとためになることが多く、勉強になります。私も田舎で待っているだけでなく、いろいろなお店にお邪魔して勉強させていただかないと、と思いました。明日は定休日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月24日 (火)

番狂わせ

 熊野町は今日も晴れ。青空が広がっています。気持ちが良いので、思わず外でバットの素振りをしました(!)。もちろん暑いのですが風が少しあり、おかげで楽しく運動できました。

 バットといえば、夏の甲子園の広島予選が佳境にさしかかっています。そろそろ8強がでそろうかというところで、毎朝、新聞に載っている結果を見るのが楽しみになってきました。地元の熊野高校は2勝したものの既に負けてしまいました。私の出身校、広島皆実高校は野球部がありません。ということで、とくにどこを応援するということもないのですが、常連校よりは目新しい感じがする高校を応援してしまいます。今大会は番狂わせが多く、広島商業が早々と、しかもコールド負けしたことは衝撃でした。広島には「春の広陵、夏の広商」という格言(?)があり、夏の大会では広商が常に優勝候補にあがります。広商がこんなに早く負けることは私の記憶にはないことです。が、波乱はこれにとどまらない予感がします。何かが起こりそうな広島の夏です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月23日 (月)

梅雨明け

 朝、店の入り口のカーテンを開けて外へ出ると、昨日までとはまったく違う明るさ。見上げれば夏雲が浮かび、まぶしさに目がくらむようでした。待望の梅雨明け。「来たー!」という感じです。

 倉庫は構造上、好天だと内部の温度がぐんぐん上がります。もうエアコンなしでは仕事になりません。今日はほぼ一日つけっぱなしでした。整理のほうは昨日、今日と順調に進んでおり、部分的にすっきりとしてきました。とはいえ、横向きにならないと歩けないところがまだあちこちにあるので、満足するのは早すぎます。

 何日かぶりに100円均一棚を補充しました。田舎にもかかわらず、いろいろな方が均一棚をのぞいては、買ってくれます。ありがたいことです。100円では惜しいと思う本も並べているのですが、やはり楽しみにしてくれる人がいると思うとやめられません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月22日 (日)

単調

 今日も熊野町は変わりやすい天気。曇りがちで雨が落ちてきたり、そうかと思えば突然、日が差したり。現在の空は明るく、影が現れるほどです。

 ブログを始めて1年以上が経ちました。今日の記事がちょうど400本目になりますが、人を惹きつける文章を書くことの難しさをつくづく感じています。私が書くことは、天気や片づけのことばかり。そもそも買い入れや市(いち)などのイベントがない限り、そう変化のある仕事ではないのですが、それにしても、もう少し話題はないかと我ながら思います。せっかく本がたくさんあるのですから、本当はもっと本を読んで、良い文章に触れたいのですが、つい後回しにしてしまいます。パソコンを閉じて、本を開くことも大事と頭ではわかっている今日この頃です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月21日 (土)

繰り返し

 午前中に本のデータを作り、それを「日本の古本屋」にアップしてから昼食。食べ終えてメールをチェックすると、アップしたばかりの本に早くも注文が入っていました。同業者はわかると思いますが、こういうことは決して珍しくなく、驚かされます。インターネットを利用して古書をさがす人がいかに多いかわかります。良い仕入れをして、適正な価格をつけ、丁寧にデータを作る。当たり前のことを繰り返し、ニーズに応えたいものです。

 今日は雨は降りませんでした。曇りがちでしたが、少しだけ晴れ間ものぞきました。週明けからは晴れの予報が続き、いよいよ本格的な夏がやってきそうです。子どもたちの声がよく聞こえてくると思えば夏休み。そんなことにも気がつかないほど今年は何かとあわただしく、季節がどんどん流れていきます。せっかくの夏。時には立ち止まり、季節を感じてみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月20日 (金)

転送

 今日の熊野町は朝から雨が降ったりやんだり。降っている時間のほうが長いです。明日も天気はぱっとしないようですが、日曜くらいからは回復するようです。梅雨明けはすぐそこです!

 昨日は定休日でしたが、ご注文やお問い合わせの電話を何本かいただきました。当店は電話を常に転送しており、店への電話はすべて私の携帯電話へかかるようになっています。私は、電話を置いている倉庫にいないことも多いため、いつでもつながるようそうしています。したがって営業時間外でも定休日でも電話は一応つながりますので、お急ぎの場合は遠慮なくおかけください。ただし夜間、定休日の場合は周囲が騒がしいこともあると思います(笑)。ご容赦ください。

 今日は定休日明けのため例によって仕事量が倍になっており、朝食前からおやつのころまで、時間が本当にあっという間に過ぎてしまいました。忙しいことは良いことで、感謝しなければいけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月18日 (水)

は虫類の図鑑

 今日は地元の市(いち)。いつものように朝8時半に店を出発し、広島市西区の会場へ。今日は荷がやや多く、最近では質も良いほうと感じました。いつもは時間が余り、半分おしゃべり会になってしまうのですが、今日は皆さんじっくりと品物を見られていたようで、真剣勝負ならではの緊張感が感じられました。当店も当店なりにがんばって出品をし、ありがたいことにほぼすべて落札していただきました。買うほうも、強めに入れたものは落札でき、全体的に満足のデキでした。ただ1点だけ、かなり欲しかったものがあったのですが、勝負の札が僅差で敗れ、逃してしまったのが残念でした。競り合いになるとキャリアの差が出るのでしょうか。負けて学ぶしかありません。

 前回の市を見学された呉市の方が組合に加入されることになり、今日から早速、入札に参加されました。広島の組合にとって新規の加入は数年ぶりのことであり、歓迎ムードが漂っています。とくに呉市は以前あった長尾書店さんが数年前に廃業され、以来、空白地帯になっていました。広島全体を見ても、古書店の数は「足りない」と私は思っています。健闘を祈りたいと思います。

 店に戻り発送の準備をしていると、町内の方と思しき初老の男性が「は虫類の図鑑」をお求めにいらっしゃいました。あったかなあ、と思いながら棚をさがすと、子ども向きながらカラー写真のきれいな「は虫類の図鑑」があったので、これはいかがでしょうか、と差し出すと「きれいじゃねえ」と買っていただけました。話をうかがえば、畑にヘビなどがよく出るため、携帯用の図鑑を買おうと思い立ったとのこと。本の巻末を見ながら「この本にゃあ飼い方まで載っとるねえ。わしゃあ、飼うつもりはないんじゃけどねえ」と破顔。私もつられて笑ってしまいました。やっぱり商売は楽しい、幸せを感じるひとコマでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月17日 (火)

商工会

 今日は午前中、買い入れのため呉市へ出かけ、午後からは明日の市(いち)の準備。少しばたばたしました。加えて閉店後、地元の商工会の会議に行ってきます。昨年加入したばかりで右も左もわかりませんが、とりあえず顔を出してきます。どんな会議をしているのか、楽しみではあります。

 市に出品する本をクルマに積み込み、店内の本は減ったはずですが、眺めたところとくに減ったようには感じません。相変わらず雑然としています。しかも明日の市できっと本を買ってしまうと思います。3歩進み、2歩下がりながら努力し続けるしかないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月16日 (月)

気軽にご依頼ください

 どんなものを買っていただけるのでしょうか、という質問をよくいただきます。当店では、百科事典とマンガ以外はだいたい買わせていただいています。百科事典は需要がない(まったく売れない)ため、マンガは扱っていないためです。これら以外のものであれば、すぐに見積もりをいたしますので、気軽にご依頼ください。割引きにはなりますが、本が傷んでいたり、日焼けしていても構いません。古いものについては、いくら古くても結構です。また、出張については、当店の都合で申し訳ありませんが、買わせていただく「本の質・量」と「距離」の兼ね合いで可否の判断をさせていただいています。これまで県外へ出張したことはありませんが、もちろん本の質・量によっては喜んで伺います。

 今日の熊野町は雨時々曇り。正午前後は雷雨でした。結局、日が差すことはなく、昨日とはずいぶん違う天気になっています。雨は、現在は小降りになっています。新潟県で大地震がありました。先年の震災に続くもので、現地の方々のショックは大きいと思います。お見舞い申し上げます。大地震が発生する度、店内を整頓しておかないとなあ、とつくづく思う私です。

※掘り出し物がいっぱい! 広島4店の合同目録「跳鯉だより」(無料です!)の送付をご希望の方はメール(dk@kandori-shoten.com)でお届け先、ご氏名をお知らせください。すぐに発送させていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月15日 (日)

明日は山へ

 朝起きて空を見上げると台風一過の好天。風こそ強いものの、天気そのものはこの夏一番のものとなりました。台風が梅雨のよどんだ空気を運び去ってくれたようで、2階の倉庫から四方の山々を眺めると、その緑が本当に鮮やかで清々しい気持ちになりました。いよいよ夏本番、そんな感じです。

 夕方になると、強烈な西日が店内に差し込みます。日光は本の大敵なので、扉を閉め切ることになります。すると、熱がこもって非常に暑いです。あまりエアコンは使いたくないのですが、我慢しているとそのうちひっくり返りそうなのでやむなく使います。明日は「海の日」。が、海は波が高く危険なので、山のほう、すなわち熊野町へどうぞお越しください。当店は台風の日も真夏日も、3連休も関係なく元気に営業中です。

|

2007年7月14日 (土)

ばっさり

 朝から強い雨が降っています。屋外の100円均一台が心配ですが、カバーを留めている押しピンの数を増やす「対台風仕様」にしているので多分大丈夫でしょう。今日いっぱいは台風の影響がありそうなので、雨漏りに注意しながら仕事をしています。

 相変わらず倉庫は本だらけで雑然としています。これまでは本が増えても市(いち)へ出したり、ちょっとしたすき間に押し込んだり、だましだまし解決してきましたが、どうもそれでは追いつかない気がしてきました。どこかをばっさり処分する必要があるかもしれません。そうなると自分の興味が薄い部分、たとえば文学や経済など、がまず削減の方向になりそうです。扱うジャンルを特化したい気持ちもあるので良い機会かもしれません。

|

2007年7月13日 (金)

ジャンプ!

 熊野町は朝から雨。台風が近づいているようですが、現在、雨はほとんど降っていません。もっともヤマは明日らしいので、嵐の前の静けさの感です。毎度のことながら雨漏りが心配。本格的な嵐の前に本を避難させないと!

 昨日は定休日でしたが、岡山組合の市(いち)へ行ってきました。先月に引き続き、来週の地元の市を待ちきれずの参加でした。本当はもっと出品したかったのですが、準備が間に合わず半端な量になってしまいました。買いのほうも相変わらず札が弱く、欲しかったクチを完敗で逃し、攻守両面で良いところがありませんでした。岡山の市へ行くときは、いつも朝8時に出発し、11時半ごろ会場に着きます。そう近いわけでもないので、次はしっかりと準備し、成果があるようにしたいです。

07130003_1 写真は倉庫2階の踊り場で見つけた小さなカエルです。下に落ちては危ないので、助けてあげようと手をさしのべたのですが、逃げ回った挙げ句、結局、跳んで下に落ちてしまいました。大丈夫か、と強雨の中、急いで見に行きましたが、見失ってしまいました。下は土なのが幸いです。無事なら良いですが……。

|

2007年7月11日 (水)

ムード歌謡

 昨夜は組合有志の定例打ち合わせ兼飲み会。私も閉店してから広島市内へ出かけました。一応の目的は合同目録「跳鯉だより」の打ち上げでしたが、各店ともそれによる売り上げが今のところ今ひとつとあって、ムードは反省会でした。伸びあぐねている原因がいろいろと挙がりましたが、結局のところ、質量とも不足していたということに尽きます。次号の発行は未定ですが、それへ向けての良い勉強となりました。

 打ち合わせの後は、4人でカラオケへ。これまで二次会でカラオケに行ったことはなかったので、内心楽しみにしていました。歌い始めてみると、4人とも曲のジャンル、時代がばらばらで、お互い顔を見合わせながらの妙な雰囲気でしたが、私が聴いたところ、皆さん上手で、気持ち良く時を過ごすことができました。とくに景雲堂書店のご主人、高橋さんはムードいっぱいの歌謡曲(私は初めて聞く曲ばかりでした)を見事に聴かせ、不動の主役でした。これからムーディ高橋と呼ばせていただきたいと思います(失礼)。私は4人で一番年下。それなりに迎合しようとがんばったのですがサザンが精一杯で、力不足を感じました。

|

2007年7月 9日 (月)

思い直しました

 このごろ、来店されるお客さまが徐々に増えているような気がします。以前は一週間以上ゼロということもありましたが、最近はそんなことはありません。ありがたいことです。場所が場所なので、品ぞろえなどがイマイチだと「二度と来るか!」ということに当然なると思います。今は未整理の本が多いため、市(いち)でもなかなか買う気が盛り上がりませんが、やはり良いものがあればしっかりと買っておこうと思い直しました。今週は岡山、来週は広島の市があります。がんばります!

 今日の熊野町は朝から雨。しとしとと梅雨らしい降り方です。空梅雨か、などといわれていましたが、しばらくは雨が続くようで、この分なら水不足は杞憂に終わりそうです。

|

2007年7月 8日 (日)

武器

 朝は買い入れのため呉市へ行き、店に戻ってからはお客さまが多数(当店としては、です)お見えになり、忙しく一日を過ごすことができました。が、買い入れた本で店内がさらに通行しにくくなっています……。雪だるま式とはこのことですが、ぜいたくな悩み。楽しみながら整理したいと思います。

 熊野町は曇り。引き続き蒸し暑い日が続きます。暑苦しい上、蚊にちょろちょろされ、集中しにくいですが、エアコンと蚊取り線香を武器にがんばります!

|

2007年7月 7日 (土)

水拭き

 曇り。雨が落ちてこないのは良いですが、蒸し暑い一日です。エアコンのリモコンについ手が伸びてしまいます。

 当店で最も本の数が多く、そして最も整理が進んでいないジャンル、それが「書道」です。書道に関する本だけは別室に置いてあるのですが、そのうち約半分は、現在の場所に店を移してから一度も触っていません(!)。整理をするなら一気にしたいもの。その勇気が出ないのです。今日は、少しだけ手をつけましたが、それは昔から当店にある本ではなく、いつか市(いち)で買い、そのままになっていたものです。とにかくコツコツやるしかありません。倉庫のほうも飽和しており、何かが売れて棚にすき間ができても、そこを埋める本には困りません。通路にずらりと並んでいる本をすべて処分し、床を水拭きしたいという欲求にかられます。

|

2007年7月 6日 (金)

連呼

 定休日の昨日、映画『選挙』を観ました。広島では、横川シネマという小さな映画館で公開されているのですが、観客は私と妻、もう1名の合わせて3人だけでした……。映画の内容は、素人が地方選にのぞむ様子のドキュメンタリー。先輩の政治家に怒鳴られたり、タスキをつけて幼稚園の運動会に参加したり、選挙カーで政党名と名前を連呼したり、と「当たり前の光景」をあらためて見ると滑稽で、面白かったです。海外の選挙はどうなのだろう、と興味を持ちました。

 熊野町は小雨。降ったり止んだりです。定休日明けはいつも発送の作業に追われるのですが、今日は「追われる」というほどではなく、割とのんびりムードで仕事をしています。

|

2007年7月 4日 (水)

鉄ちゃん

 熊野町は雨のち曇り。午前中は激しく降る時間帯もありましたが、午後に入って天気は回復。時折、晴れ間ものぞきました。今日、カープは岐阜で試合をする予定でしたが、雨のため中止になったようです。最近、成績が芳しくないカープ。良い休養になればと思います。

 悪天候にもかかわらず、複数のお客さまがお越しになりました。こんな日に、こんな田舎まで、本当にありがとうございます。店内が散らかっており申し訳ありませんが、徐々に片づけておりますので、またどうかご来店ください。

 今日は鉄道に関する本を整理しました。実は私、鉄道が嫌いではありません。子どものころ、線路をまたぐ歩道橋の上で妹と二人、往来する電車を飽きることなく眺めていたものです。したがって、整理の手が度々止まり、ペースが上がりません。鉄道の本は、よく売れそうで実はあまり売れないため(私のイメージ)、急いで読む必要もないのですが、ページをめくる手がつい緩んでしまいます。つくづく楽しい仕事と思いますが、困ったもの。明日は定休日です。

※掘り出し物がいっぱい! 広島4店の合同目録「跳鯉だより」(無料です!)の送付をご希望の方はメール(dk@kandori-shoten.com)でお届け先、ご氏名をお知らせください。すぐに発送させていただきます。

|

2007年7月 3日 (火)

アクセント

 誰でもそうと思いますが、たとえ好きなことであってもそれを長時間続けると飽きてしまいます。決して倉庫の片づけについてのグチではありません(笑)。

 朝はメールの対応をし、それが終われば値付け、昼休みを挟んで梱包をし、それが終われば再び閉店まで値付け。簡単に書けばこれが私の一日です。問い合わせが少ない日、発送が少ない日はその分、値付けの時間が増えることになりますが、何時間も作業を続けると疲れてしまいます。今は整理すべき本が多く、作業をしても減っていないように感じるのでなおさらです。値付けは楽しい時間なので、飽きることによっていい加減になってしまうのが怖く、息抜きをしながら作業をしていますが、ブログを更新するという作業も、値付けの間の一つのアクセントとして貴重な時間となっています。と、このようにたいしたことは書けませんが(笑)、引き続きご愛読いただければ幸いです。

※掘り出し物がいっぱい! 広島4店の合同目録「跳鯉だより」(無料です!)の送付をご希望の方はメール(dk@kandori-shoten.com)でお届け先、ご氏名をお知らせください。すぐに発送させていただきます。

|

2007年7月 2日 (月)

共同作業

 熊野町は雨時々曇り。昨夜、珍しく窓を開けたまま寝ると、雨音と雷鳴に起こされました。激しい雷雨で雨漏りが心配でしたが、そのまま寝てしまいました……。朝起きて確認すると雨漏りはしておらずひと安心。梅雨が終わり、台風のシーズンになると常に雨漏りの心配があります。本が濡れないよう注意が必要です。

 当店では、書籍を発送する際、ほとんどの場合、クロネコメール便か郵便冊子小包を利用しています。クロネコメール便は厚さ2センチまで、郵便冊子小包は重さ3キロまでという決まりがあるので使い分けているのですが、今日は郵便冊子小包を利用する荷物が多かったです。厚さが2センチ以上あり、重さが3キロまでのものを郵便冊子小包で発送しています。つまり「かさばるもの」なので、それが十数個あっては一人では郵便局まで抱えて行けません。珍しく夫婦で運びました。一日中、夫婦で仕事をしていて嫌になりませんか、と時々たずねられますが、普段、妻は店舗、私は倉庫で仕事をしているため、実は顔を合わせることはほとんどありません。というわけで、今日のような共同作業も時には良いものです。

※掘り出し物がいっぱい! 広島4店の合同目録「跳鯉だより」(無料です!)の送付をご希望の方はメール(dk@kandori-shoten.com)でお届け先、ご氏名をお知らせください。すぐに発送させていただきます。

|

2007年7月 1日 (日)

高い理由

 高いなあ……東京の古書店を巡っていて、こう思うことが多かったです。本を手にとって、予想をしてから価格を見る癖がついてしまっているのですが、ほとんどハズレでした。当店の2倍、3倍の価格をよく目にしました。地方と東京の差でしょうか。

 価格が高い理由は、(1)単に儲けたい、(2)元が取れない、(3)主人が手放したくないと思っている、などいろいろと思います。しかし面白いことに、一つの店に多くの理由があることは少なく、どれかに偏っていることが多いようです。(1)の店は数冊チェックしただけでわかります。(2)は東京の場合、仕方ないでしょうね。(3)は特定のジャンルだけが高価で、それ以外はむしろ安いことが多いです。(1)は商売寄り、(3)は趣味寄りの店といえるかもしれません。

 私としては、店にあるのは手放したくない本ばかり……つまり(3)タイプの店にしたいと思っているのですが、その理想がかなえば、商売としてはきついでしょうねえ……。

|

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »