« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月30日 (土)

神田巡り

 熊野町は曇り時々晴れ。爽やかな風が店内に吹き込み、気持ちの良い一日となっています。

 昨日触れましたが、東京へ行ってきました。おもな目的は観光でしたが、せっかく東京に行くのだからと一日、神田の古書店街をまわりました。訪ねたのは、あらかじめチェックしていた10店ほどで、選んだ基準は扱っているジャンルに癖があったり、雰囲気に特徴があることでした。実際にまわってみると、さすがにいろいろな店があるものだなあと感心。あっという間に時間が過ぎてしまいました。いくつかの店では買い物もし、気がつけば持ちきれなくなりそうなほど買っていました。それだけ売り物に魅力があったということだと思います。本を抱えて観光はできないので、ホテルから宅配便で広島に送る羽目になってしまいました。

 当店は田舎にあり、それゆえの雰囲気が個性の一つかもしれませんが、品揃えに関してはそう特色があるとはいえません。質が低いとは思いませんが、もう少し癖があっても良いと東京で感じました。

|

2007年6月29日 (金)

営業再開です

 昨日まで4日間休みをいただき、今日から営業を再開しています。この間、メールや電話などでお問い合わせいただいたお客さま、また、当店までお越しいただいたお客さま、申し訳ありませんでした。懲りず、今後ともどうかよろしくお願いいたします。

 休みをいただき、東京に行っていました。せっかくなので一日、古書店巡りをしました。刺激を受けました。詳しくは後日……。

|

2007年6月24日 (日)

不親切

 今日の熊野町は午後から雨。時折、大粒の雨が激しく降りました。現在はやや落ち着きつつあります。

 雨が心配だったので、100円均一のコーナーはカバーをかけたまま。出番がありませんでした。また、ご来店のお客さまも少なく、寂しい一日でした。ということで、終日、倉庫にこもって値付けに励んでいました。ふと思ったのですが、今、当店には床に積んだままで値段の付いていない本が多すぎます。お客さまにとって不親切なので、一気に整理できない以上、当たり前ですが別の場所に片づけたほうが良さそうです。別の場所、も本で埋まっている現状ですが、休み明けから取りかかりたいと思います。

 勝手ながら明日から27日(水)までと、定休日の28日(木)、合わせて4日間、休業させていただきます。申し訳ありません。この間のご注文については、29日(金)に対応いたします。ご了承ください。

※掘り出し物がいっぱい! 広島4店の合同目録「跳鯉だより」(無料です!)の送付をご希望の方はメール(dk@kandori-shoten.com)でお届け先、ご氏名をお知らせください。すぐに発送させていただきます。

|

2007年6月23日 (土)

臨時休業のお知らせ

 大変勝手ながら6月25日(月)から28日(木)まで休業させていただきます。申し訳ありません。この間のご注文については、29日(金)に対応させていただきます。ご了承ください。

 昨日の仕入れのおかげで、倉庫は満タンに。こうなることがわかっていながら札をどんどん入れてしまうのだから馬鹿です。今年はこう書いてばかりの気がしますが、整理を急ぎたいと思います。

 市(いち)へはいつも愛車のデミオ(11年目)で出かけます。遠征をすると、買った本が座席の後ろのスペースだけでおさまることはまれで、あふれた本は後部座席へ、さらにあふれた本は助手席に積み込みます。これまでで最も積み込んだのは昨年の博多での熊本組合さんの市のときで、運転席以外に空間がほとんどありませんでした。しかもそのときは図録や写真集、雑誌など「重い本」ばかりで、積み込んではみたものの、内心(広島まで帰れるかな……)と常に不安を抱きながらの、気が抜けないドライブでした。推定ですが、重量にしておよそ800キロ、単行本の冊数にしておよそ3,000冊くらいでしょうか。ガソリンスタンドでは「ゆっくり走ってくださいね」と忠告され、途中のサービスエリアでは正直(少し捨てていこうか)と思いました。

 そのときを100%とすると、先日の山口組合さんの市のときは85%くらい、昨日の市は50%くらいの量でした。ということで、昨日は運転中、とくに緊張を強いられることはなかったのですが、それでも車体は沈み込んでいるので無理はできません。サービスエリアで本を移動させて重心を調整しながら、80キロくらいで走ります。店に帰り着いたときには、ほっと息をつきました。がんばってくれたクルマに感謝です。このごろとくに無理をさせているので、近いうち点検に出すつもりです。大事にして、一日でも長く乗り続けたいものです。

※掘り出し物がいっぱい! 広島4店の合同目録「跳鯉だより」(無料です!)の送付をご希望の方はメール(dk@kandori-shoten.com)でお届け先、ご氏名をお知らせください。すぐに発送させていただきます。

| | コメント (2)

2007年6月22日 (金)

やはり面白いです

 今朝は4時起床、4時半出発。クルマで向かうは博多市会です。福岡市で行われる市(いち)へは昨年一度行っただけで、その後行く機会がありませんでしたが、今回はお誘いをいただき、参加させていただくことにしました。開場時刻の9時ちょうどくらいに到着し、まずは世話をされている「あい書林」さんと「三和書房」さんにあいさつ。快く受け入れていただき、ありがたかったです。

 今回は出品が多めだったようで、開札が予定の11時から10分延長されたにもかかわらず、すべてをじっくりと見ることはできませんでした。実はすべてを見る必要はなく、いるものだけをしっかり見れば良いのですが、遠征していることもあり、つい(落とせるものは落とさねば)と何にでも食いついてしまいます。悪い癖です。結果は、予定より大幅に少ない予算で済みました……。慣れていないせいもありますが、甘くありません。当たり前ですが、市は場所によって本当に特色があり、今回も勉強になりました。計算を待っている間に、博多市会の皆さんと昼食。先輩方に囲まれ緊張しましたが、話を聞いているだけで、興味深かったです。優しくしていただき、ありがとうございました。

 やはり遠征は面白いです。ためになります。が、ネックは何といっても「距離」で、今回も往復で10時間かかってしまいました。車中大カラオケ大会(参加者1人)もさすがに飽きます。新幹線でさっと駆けつけ、荷物は送っていただく、このパターンは非常に楽ですが、お金がかかります。当店は無理です。次回は、車内に持ち込むMDを増やして応戦したいと思います。

 本日は店へ戻ったのが20時を過ぎたため、ご注文、問い合わせなどへの対応が非常に遅くなりました。申し訳ありませんでした。

※掘り出し物がいっぱい! 広島4店の合同目録「跳鯉だより」(無料です!)の送付をご希望の方はメール(dk@kandori-shoten.com)でお届け先、ご氏名をお知らせください。すぐに発送させていただきます。

|

2007年6月20日 (水)

お客さま

 広島の市(いち)。いつものように8時半に店を出発して広島市西区の会場へ。今日は呉市から見学の方がお見えになり、市の様子を見ていただきました。もし組合に加入されるとなると、新規の組合員は広島では数年ぶりのこと。同業の皆さん、やはり興味があるようで、いろいろと質問をされていました。せっかくなので盛況の市をご覧いただきたかったのですが、今日はいつになく出品が少なく、ちょっと気の毒でした。当店も売り買いともわずか。来月は市の盛り上げに少しくらい貢献できるよう、まずは出品を増やそうと思いました。

 午後、店に戻ると小雨がぱらぱら。梅雨だけあって、最近は曇りがちの天気が続いています。蒸し暑く、やる気を殺がれますが、定休日の明日も買い入れの依頼が1件、さらに金曜は博多の市へ参加する予定。のんびりしている暇はありません。

※掘り出し物がいっぱい! 広島4店の合同目録「跳鯉だより」(無料です!)の送付をご希望の方はメール(dk@kandori-shoten.com)でお届け先、ご氏名をお知らせください。すぐに発送させていただきます。

| | コメント (9)

2007年6月19日 (火)

完成!

A785 ついに合同目録「跳鯉だより」ができあがりました! 今日までに送付を希望していただいたお客さま、ありがとうございました。そして、お待たせいたしました。即日、発送させていただきます。引き続き、送付の申し込みを受け付けます。ご希望の方はメール(dk@kandori-shoten.com)でお届け先、ご氏名をお知らせください。すぐに送らせていただきます(無料です!)。

 雰囲気は校正で確認していたものの、実際に刷り上がったものをあらためて手にすると、感慨深いものがあります。反響はもちろん楽しみですが、今回は初めて作ったこともあり、結果やご意見を今後に生かしたいという気持ちが強いです。少しずつ良いものにしていきたいと考えていますので、ぜひご意見をお寄せください。よろしくお願いいたします。

|

2007年6月18日 (月)

ファン垂涎の……

 縛られたままになっていた本を次々と解放し、ひたすら分類。あるものは縛り直し、あるものは積み直します。店内がわずかに片づきました。引き続き明後日の市(いち)へ向け、準備を進めたいと思います。

06180001 その後、野球関係の書籍を整理しました。私が好きなスポーツはほかでもない野球なので、いちいち手が止まり、作業が順調に進みません。写真は『燃える赤ヘル軍団 広島カープ球団史』(1979年・恒文社)です。これは……私のようなファンにはたまらない本ですね。しばらく読み込んでしまいました。一応、値付けをしましたが、できれば手放したくない一冊になりそうです。

※掘り出し物がいっぱい! 合同目録「跳鯉だより」(無料です!)の送付を希望される方はメール(dk@kandori-shoten.com)でお届け先、ご氏名をお知らせください。納品され次第、一斉に発送させていただきます。

| | コメント (2)

2007年6月17日 (日)

一新

 近所の小学校は今日が運動会。昨日、グラウンドをのぞくとテントが準備され、早くも場所取りのシートが敷き詰められていました。今日、天気は下り坂でしたが、夕方までは何とか持ち、他人事ながら良かったなあと思いました。現在はぽつぽつと雨が落ちています。

 100円均一棚を一新しました。在庫がだぶついていることもあり、少々、気前が良いかもしれません(?)。やや専門書寄りですが、なかなか良い品揃えになっていると思います。しかし、一度いじるとしばらく触らないのが100円均一棚です。今後はそうならないよう、あきられないよう、入れ替えをしていきたいと思います。

※掘り出し物がいっぱい! 合同目録「跳鯉だより」(無料です!)の送付を希望される方はメール(dk@kandori-shoten.com)でお届け先、ご氏名をお知らせください。納品され次第、一斉に発送させていただきます。

|

2007年6月16日 (土)

後払い? 先払い?

 熊野町は晴れ。梅雨もひと休み、青空が広がっています。店内に吹き込む風も爽やかです。

 以前も書いたことがあります。古書店の悩みの一つが「不払い」です。当店は通信販売の場合、本を少しでも早くお客さまに届けたいという思いから「商品先送り・代金後払い」を基本としています。したがって「不払い」の不安があります。一定の期間が経過しても代金をお支払いいただけない場合、当店では週に1回、メールやはがきで督促をさせていただいていますが、返事すらいただけないことも少なくありません。幸い、過去3年間、最後まで代金をお支払いいただけなかったケースは1件もありません。しかし、悪質なケースの場合、お支払いいただくことは簡単ではありません。最終的には、不本意ながら警察を頼ることになります。額は500円であっても、5万円であっても、対応に違いはありません。逮捕にいたったことはこれまでに1件のみで、確かに頼りにはなるのですが、後味が良くありません。

 残念ながら「不払い」は増加の傾向にあるように感じます。「先払い」に変更する古書店が増えていますが、そのほとんどはやむなくの対応と思います。オークションでは「先払い」が当然で「代引き」はあっても「後払い」はあまりありません。そんな中、古書店はまだ「後払い」が多い特殊な業界といえるかもしれません。しかし「日本の古本屋」では参加店に「先払い」を推奨しています。現状を考えると、当然のことかもしれませんが「それでも信じたい」と思うのは、時代遅れでしょうか?

| | コメント (6)

2007年6月15日 (金)

連戦

 昨日は定休日でしたが、岡山組合の市(いち)へ行ってきました。現在、当店は店舗も倉庫も本でいっぱいのため、正直「在庫処分」の意味で参加させていただいたのですが、出品したものは大体買っていただき、助かりました。岡山組合の皆さま、いつもありがとうございます。「買い」のほうは、今は本を増やせないため、ごくわずか。次回はもう少し買わせていただきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。

 今週の月曜は山口、昨日が岡山、来週の水曜は広島、と市が続きます。が、休む間はありません。来週の市の準備をしなければ! 今日の熊野町は雨のち曇り。雨は昼過ぎにあがりました。気温がそう上がらず過ごしやすいのは良いのですが、相変わらず蚊が多くて困っています。

※掘り出し物がいっぱい! 合同目録「跳鯉だより」(無料です!)の送付を希望される方はメール(dk@kandori-shoten.com)でお届け先、ご氏名をお知らせください。納品され次第、一斉に発送させていただきます。

|

2007年6月13日 (水)

ご迷惑をおかけしております

 今日の熊野町は曇り。夕方より雨が落ちてきました。蒸していた空気が雨によって逆にスッキリとし、日暮れでもあり涼しくなっています。

 店内は移転以来、最も雑然としていますが、今日はお客さまが数名、来店されました。歩きにくく、また棚が隠れ気味でご迷惑をおかけしました。申し訳ありません。これではイカン、と今日は一日片づけに励みました。たったの一日で店内の風景に変化が現れるはずもありませんが、ゾーンによってはだいぶ片づきました。本をしばったり、箱に詰めたり、あっちに持っていったり、こっちへ動かしたり……だいぶ汗をかきました。今日は(も?)ビールが美味しそうです。明日は定休日です。

※掘り出し物がいっぱい! 合同目録「跳鯉だより」(無料です!)の送付を希望される方はメール(dk@kandori-shoten.com)でお届け先、ご氏名をお知らせください。納品され次第、一斉に発送させていただきます。

|

2007年6月12日 (火)

山、山、山

 本の山を急いで整理しています……が、居住スペースの台所にまで現在、本が進出しています。廊下や客間など、あらゆる場所に本の山があり、少し暮らしにくいです。整理をもっと急ぐ必要があります。倉庫のほうも通路を歩きにくい状態で、普段はお客さまに開放しているのですが、しばらく閉鎖しようかとも思うほどです。とにかく地道にやるしかありません。

 合同目録はいよいよ印刷にGOを出し、納品を待つだけとなりました。どんな仕上がりになるか、今から楽しみです。熊野町は、今日も気持ち良い晴天。予報では明日からぐずつくらしいですが、本当でしょうか?

※掘り出し物がいっぱい! 合同目録「跳鯉だより」(無料です!)の送付を希望される方はメール(dk@kandori-shoten.com)でお届け先、ご氏名をお知らせください。納品され次第、一斉に発送させていただきます。

|

2007年6月11日 (月)

微風に吹かれつつ

 朝6時前に出発し、山口組合の市(いち)に参加してきました。かねこ書房さんの閉店に伴う市で、山口・九州・広島から古書店が集結し、なかなか盛況となりました。9時に開場し、各店が入札し、11時から開札。出品はかねこ書房さんのみ、他店はすべて買い手という特殊な市で、山口組合さんのスムーズな進行もあり、終始、和やかなムード。最終的には20店ほどが集まったことといい、ご主人の人柄によるものと感じました。広島からはアカデミイ書店と当店が参加。当店は二番札(次点)が目立ちましたが、クルマ一杯分は買うことができ、少しは売り上げに貢献できたこと、良書を入手できたことの両面で満足です。皆さんに手伝っていただいて本をクルマに押し込み、心配されつつ山口を後にしました。高速道路を最高速度70キロほどで走り、何とか帰還。皆さん、ご心配をおかけしました。そして、一日ありがとうございました。

 先週、店をお閉めになったかねこ書房さんの所在地は山口の駅前通り。近くには人が行き交うアーケード街もあり、私から見れば立地が悪いとは思えません。それでもかつてと比べると来店者は激減したと聞きます。それだけが理由ではないと思いますが、店を閉める決断をされたご主人の思いはいかなるものだったのでしょうか。好天だったこともあり、緑が多い山口の街に好感を持つと同時に、微風に吹かれつつ、一抹の寂しさを覚えました。

|

2007年6月10日 (日)

山口へ行ってきます

 午前中、広島市内へ買い入れに行ってきました。市内からのご依頼は滅多にないのですが、朝日新聞に載せている広告をご覧になったとのこと。うれしい限りです。クルマで2往復。倉庫はもう本でいっぱいですが、良いこと。嬉しい悲鳴です。明日は早朝から山口組合の市(いち)へ行ってきます。留守がちですが、店舗は通常通り営業しておりますので、よろしくお願いいたします。

 熊野町は晴れ。昨日まで突然、雨が降ったり雷が鳴ったりと不安定でしたが、今日は良い天気でした。梅雨入りが遅れていますが、水不足にさえならなければ、梅雨は短いほうが良いです。

※掘り出し物がいっぱい! 合同目録「跳鯉だより」(無料です!)の送付をご希望の方はメール(dk@kandori-shoten.com)でお届け先、ご氏名をお知らせください。納品され次第、一斉に発送させていただきます。

|

2007年6月 8日 (金)

臨時休業のお知らせ

 明日、9日(土)は勝手ながら休業させていただきます。ご了承ください。

※掘り出し物がいっぱい! 合同目録「跳鯉だより」(無料です!)の送付をご希望の方はメール(dk@kandori-shoten.com)でお届け先、ご氏名をお知らせください。納品され次第、一斉に発送させていただきます。

|

2007年6月 6日 (水)

目録の送付について

 明日は定休日。休みを利用して合同目録「跳鯉だより」の三校を受け取りに行き、チェックしようと思っていましたが、今日、市内へ出る用事ができたので、早めにゲラを受け取ることができました。各店がゲラをチェックし、OKが出そろえば、いよいよ印刷にかかっていただくことになります。部数がそう多くないので、数日で刷り終わりそうです。構想から半年。時間はかかりましたが、その分、それぞれが納得できるものになったのではと思います。

 ということで「跳鯉だより」送付の募集をさせていただきます。送付をご希望の方はメール(dk@kandori-shoten.com)でお届け先、ご氏名をお知らせください。納品され次第、一斉に発送させていただきます。

|

2007年6月 5日 (火)

羽音

 なぜか店の周辺に蚊が多いです。多いのは大きな蚊で、血は吸わないようですが、羽音がどうにも気になります。寝室に1匹でも入り込もうものなら、気になって仕留めるまで寝られませんし、寝ていても耳の近くを飛ばれると思わず目も覚め、気分は最悪です。仕事をしていると、血を吸う小さな蚊を今年初めて見ました。膝に止まっていたので叩きつぶしたのですが、血が飛び散りました。一瞬遅かったです。扉を閉め切ると熱がこもって暑く、開放すると蚊が入り放題。夏は好きな季節なのですが……。

 ご来店のお客さまから「ブログを見ている」とうれしいお言葉。正直(誰が読むという訳でもなく……)と思いながら書くこともありますので、本当に励みになります。これからもコツコツ、ひそひそと書き続ける所存ですので、今後ともご愛読のほどよろしくお願いいたします。

| | コメント (6)

2007年6月 4日 (月)

もうひと息です

 今日の熊野町は気持ち良い晴れ。昼からは少し雲が出たものの、今朝の快晴ぶりは「今年一番の青空」と思わせるほどで、気持ち良く仕事に入ることができました。梅雨が近いようですが、今のところその気配はありません。

 合同目録「跳鯉(はねごい)だより」の完成が近づいています。今日、再校を印刷会社に戻し、次回の校正が最後になる見込みです。完成は15日の予定でしたが、うまく運べば数日早まるかもしれません。ここまで順調の一語ですが、油断せず、きっちり仕上げたいと思います。配布の方法などが決まりましたら、このブログでも紹介いたします。

|

2007年6月 3日 (日)

リバウンド

 関空でのマラソン大会に参加して以降、体重が増え続けています。最高77キロから一時は68キロまで減らしたのですが、現在は71キロまで戻っています。マラソン大会に出るという一つの目標を失ってから、夜食をとったり、ランニングをさぼったり。非常にいけません。減らすには時間がかかっても戻るのは速いと思うので、もう一度、気を引き締めて運動に取り組まないと!

 熊野町は曇り時々雨。昼過ぎごろ、雨が少し降りました。先日、内容を一新した100円均一棚も今日はカバーをかけたまま。せっかくの日曜なのに残念でした。

|

2007年6月 2日 (土)

殉職

06020001 写真は『広島県警察頌功録』(昭和24年)。広島の警察官の殉職の記録です。明治以降、悪人に立ち向かって返り討ちにあった人、犯人を護送中、事故にあった人などの詳細が記録されています。明治のころはコレラの大流行により落命した人も多かったようですが、広島といえば被害が甚大なのはやはり原爆で、この本には、昭和20年8月6日、広島地区で治安維持の任にあたっていた警察官1000余人のうち、原爆により232人が即死、114人が間もなく死んだ、とあります。確かに「警察史上比類なき殉職」といえそうです。ページをめくると「○○巡査 ○○に勤務していたが、○○において防空業務に従事中、原子爆弾のため即死した。時に○歳であった」という文が続きます。つい引き込まれてしまう一冊の資料です。

 今日も熊野町は曇り。長袖Tシャツ、長ズボンで仕事をしています。昨夜は「とうかさん」に行ってきました。目抜き通りが歩行者天国となり、賑わっていました。いつものように歩きながらいろいろと飲み食いをしたのですが、私の一番のお気に入りは「たいやき」なのです。

|

2007年6月 1日 (金)

寂しい

 熊野町は曇り。晴れの予報でしたが終日すっきりせず、結局、曇ったままでした。今日から3日間、広島市の中心部では「とうかさん」という祭りが行われます。広島ではこの祭りから浴衣を着るとされており、毎年、浴衣姿の人で非常に賑わいます。20代のカップルが目立つ「若い祭り」ではありますが、私も妻と出かけるつもりです。なかなか気温が上がらず、ちょっと浴衣を着るには早い気もしますが……。

 山口市の「かねこ書房」が閉店されることになりました。ご主人は私の父と同じ世代で、広島の組合でもなじみの方であり、寂しい思いがします。私の身近では、呉市の「長尾書店」に続く古書店の閉店で、業界の縮小を実感せずにはいられません。この業界はやはり特殊で、古書店それぞれはライバルというより仲間という意識が強いです。それは、各店を古書店と一括りにこそできるものの、扱っている本があまりにも店によって異なり、また、それぞれの個性を認め合っていることに由来しているように感じます。したがって、今回の場合も閉店を歓迎するムードはまるで感じられません。寂しい、これが共通の思いです。

|

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »