« 理想と夢 | トップページ | マイテーマ »

2007年3月17日 (土)

まける、まけない

 まけてくれ、と毎回おっしゃるお客さまがいます。そう言う癖なのでしょうが、どの本でもまけられるわけではありません。わたしの場合、古書の価格は「この値段なら手放しても良い」という主観に基づくものなので、本によってはまけられない場合も多いです。儲けが減る、というより「この値段ではもったいなくて手放せない」という感覚です。が、普段ならまけないものでも、お客さまによってはまけてしまうことがあります。この方になら、と思えば手放せないものも手放してしまいます。これは常連さんだとか一見さんだとかではなく、話した感じとか、場合によっては気分にもよるかもしれません。

 というように当店の場合、価格は案外ふわふわとしているものですが、こういう店主の思いと関係なく、まけろと決まり文句のようにおっしゃるお客さまに対して、対応が厳しくなるのは仕方がないことです。逆に何もおっしゃらないのに、つい毎回まけてしまうお客さまもいらっしゃいます。お客さまが店を、店主を見るように、店主もお客さまを見ています。

 今日の熊野町は晴れ。しかし相変わらず風が強く、そして冷たいです。店内も寒く、ストーブがフル稼働しています。明日は少しでも暖かくなりますように。

|

« 理想と夢 | トップページ | マイテーマ »

コメント

今日は18キップを使って、名古屋方面に行きました。

北陸地方は雪!の予報だったので、敢えて雪の被害がない東海地方だったら大丈夫だろうという予測で、行ったのですがこれが予想に反して凄く寒い!おまけに強風が吹き荒れ、物凄くいい天気だったんですが、気温が全然上がらず震えて見学しておりました。

三河国分寺跡の資料館では、ボランティアのガイドさんに充分なるご説明を受け、満足した一日でした。

帰りに名古屋の鶴舞にある古書店に寄ったんですが、あまり買いたいという本もなく手ぶらで帰ってきてしまいました(>_<)

まけてくれと言う方が、やはりいらっしゃるのですね!私もたまに言うんですが、やはり相手も商売!!簡単にはまけられないですね。

でも私たちが見ても、これは貴重な本やというのは、考古学書関連なら大体はわかります。
ただどうしても手に入れたい、どうしても欲しいという本は、やはり高価でも手に入れたいというのが人情です。
もうちょっと安かったら買えるのになぁ~と思うこともしばしば、そのまけてくれとおっしゃるかとの気持ちも判らないではないですが・・・・
私はその本を手に入れた人が、どれだけその本に対して活用するか、今後大事に保管していくかという事やと思います。

因みに私は、自分で言うのもなんですが、買った本はぞんざいに扱うのが嫌なので、かった当時の状態に限りなく保存するように、心がけています。
考古学書に限らず、自分も欲しいと思っている本は、皆も欲しがっている事が最近同好の志からの話で判ってきました。

投稿: 宿女 | 2007年3月17日 (土) 23時15分

宿女さま、コメントありがとうございます。

寒い日が続いています。屋外での見学会は大変ですね。どうか体調を崩されませぬよう。

自分が欲しい本はみんなも欲しい……そうなんです。同感です。わたしも見つけたときに買わず、のちに後悔したことがあります。また、業者の市(いち)でも面白いものには入札が殺到します。

投稿: 神鳥大悟 | 2007年3月18日 (日) 09時24分

この記事へのコメントは終了しました。

« 理想と夢 | トップページ | マイテーマ »