« 不幸な本 | トップページ | パソコンの弊害 »

2007年3月10日 (土)

速読

 熊野町は晴れのち雨。朝方は晴れていましたが、すぐに曇り始め、午後は雨になりました。雨は小降りですが、ぐっと冷え込み、寒いです。

 今日は、興味があった本に注文が入ったため、いつものように、夕方の発送までの間に急いで読みました。よくあることですが、読んでおきたい本ほど早く売れてしまいます。読んで満足はしたのですが、次にいつ同じ本を入手できるだろうと思うと寂しい気持ちになります。考えてみれば、古書店が扱う本はほとんどが一点限りのもの。手放せばそれが今生の別れとなる可能性が高いです。忙しさに流されるのではなく、一冊一冊にもっと関心を持つべきですね。もったいないというものです。かといって読み終えるまで売らないというのでは、本がたまって仕方がありません。バランスが難しいです。

|

« 不幸な本 | トップページ | パソコンの弊害 »