« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月30日 (金)

プレゼント

03300001 プロ野球セ・リーグの開幕に合わせるように、神鳥書店版カープ卓上カレンダーが完成しました。カレンダーの下のほうに当店の広告が入っており、また、カープのファンでない方は必要でないとは思いますが、今年もご希望の方、先着20名様にこのカレンダーをプレゼントいたします。ご希望の方は、メール(dk@kandori-shoten.com)でお届け先、ご氏名をお伝えください。すぐに発送いたします。

 今日の熊野町は晴れ。昨夜は風が強く、雷も鳴って荒れ模様の天気でしたが、起きてみると好天になっていました。気持ちの良い春の一日となっています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月29日 (木)

古書のバトン

 午後から呉市へ買い入れに行ってきました。2件回ったのですが、どちらのお客さまも本をとても大切にされており、また、親切にしていただき、幸せを感じながら仕事をすることができました。本が傷んではいけないから、と本をゆるく縛っておられたお客さま。捨ててしまえば本はおしまいだからと、わたしのような古書店をお招きいただき、ありがとうございました。受け継ぎ、大切に扱わせていただきます。

 かくして、昨日の市(いち)で少し片づいた当店の倉庫は再び本で一杯になりました。まさしく、うれしい悲鳴です。地道に、楽しみながら整理していきたいと思います。

 今日は朝のうち少し雨が降りましたが、午後からは晴れ。呉市からの帰り道、黒、赤、青、そして吹き流し……大きな鯉のぼりが早くも春風に揺らいでいました。春本番です。鯉のぼりといえば、明日はプロ野球セ・リーグの開幕。わがカープは大阪ドームで阪神タイガースと開幕戦を戦います。いよいよ球春がやってきます。

|

2007年3月28日 (水)

シーズン

 今日は月一回の市(いち)。早起きして通常の発送作業をし、8時半に出発しました。今日の市は出品がやや多く、なかなか盛況。いつものように出品する本をクルマ一杯に詰め込んでいったため、少し売り越しとなりましたが、少しは買えたので満足です。倉庫が一杯のため、やや買い控えている面もあります。しかし、お客さまからの買い入れの依頼は断れません。明日は呉市へ出かけます。どんな本と出会えるか、やはり楽しみです。

 春先は引っ越しのシーズンのためか、本を整理したいと思われる方が増えるようで、買い入れの依頼が少し増えます。うれしいことです。最近は大型の古書店が流行りなので、昔と比べると依頼はだいぶ減っていると同業の嘆きが今日もありましたが、確かに新しい本は大型の古書店のほうが高く売れる場合もあるようです(?)。しかし発行から10年以上が経っているような本であれば、ぜひ当店にお任せください。本の外見ではなく、内容で判断いたします。大型の古書店ではゴミと判断される本に高値が付くことは全然珍しくありません。

|

2007年3月25日 (日)

どうやら……

 今日は天気が回復、体調も回復。気持ちの良い朝を迎えることができました。昨日の体調の悪さが今ひとつ腑に落ちなかったのですが、どうもただの二日酔いだったようです。これまで二日酔いというものになったことがなかったため、すぐにそれと結論付けられませんでした。最近、夕食のあとランニングをしているのですが、それで汗をかき過ぎ、脱水気味になったところにビールをがぶ飲みしたため、頭痛が起きたようです。情けないことです。急な運動はからだを壊すもととわかったので、今日は軽めの運動にしました。徐々に体を慣らしていきたいと思います。

 町内のお客さまから買い入れの依頼があり、出向きました。歴史関係が300冊ほど。町内からの依頼はうれしいものです。誰からも信頼されて、お任せいただけるよう、地道に仕事をしていこうとあらためて思いました。明日は定休日です。

|

2007年3月24日 (土)

頭痛

 朝起きたら頭痛。気にしないようにして、いつものように倉庫で仕事をし始めたものの、やはり無理せずひと休みすることに。結局、午前中はすっかり寝てしまいました。頭痛がほとんど治まったので午後はいつも通り仕事をしましたが、なんだったのでしょうか。カゼのひき始めだとしたら、ずいぶん久しぶりのことです。健康だけが取り柄なので……。とにかく今日は仕事が進みませんでした。明日に持ち越さないよう、今日はあたたかくして眠りたいと思います。

 熊野町は朝から雨。時々、本降りになりましたが、概ね小雨でした。明日はあがるそうなので、気分一新、がんばります!

| | コメント (2)

2007年3月23日 (金)

うれしい!

 熊野町は今日も晴れ。もう日中はストーブが必要ありません。せっかくの週末ですが、明日からは天気が崩れるようです。春の嵐、なら雨漏りを心配しなくてはなりません。

 滅多にありませんが、海外からのご注文が時々あります。そういうときは郵便局のEMSを利用することが多いです。近くの簡易局では扱っていないので、本局へ出向きます。今日は天気が良いので、久しぶりに自転車で出かけました。花粉の心配があった先日まででは考えられないことです。帰ってきて1時間ほどが経ちましたが、幸い花粉症の症状は出ていません。どうやら本当に花粉の季節は終わりのようです。うれしい!

|

2007年3月22日 (木)

スチールラック

 相変わらず朝起きられません。今日こそは8時に起きようと目覚まし時計を鳴らしたのですが、気が付くと9時半でした。春眠暁を覚えず、とはいいますが、ちょっとひどいですね。もう花粉症を言い訳にできないので、強い意志で明日こそ早起きしようと思います(といっても8時ですが)。

03220001_1 当店の本棚は大方、スチールラックで代用しています。左右がちゃんと板になっている本棚は半分もありません。理由は、スチールラックのほうが断然安いためです。安いだけあって、棚が歪みやすかったり、揺れに弱いなどの弱点があります。また、左右が板でなく柱なので、本がイマイチきれいに並ばないという見た目の問題もあります。理想としては、すべて木製の、しかも同じ本棚で統一して、並べる本もこれはと思うものだけにし、通路には本が積み上がっていないだけでなく、埃一つ落ちていない状態にしたいのですが、一体いつになるでしょうか。現在のような、雑多な感じが古書店らしくて良いと感じるお客さまもいらっしゃるかもしれませんね。いずれにしろ、品揃えは質を高めつつ、かつ個性を大切にしながら充実させておきたいものです。

 今日の熊野町は薄曇り。早くも下り坂でしょうか。朝晩は少し寒く感じますが、日中はもうストーブがなくても平気です。あとひと押し、本格的な春が待ち遠しいです。

| | コメント (2)

2007年3月21日 (水)

開放

 近所の公園を通りかかると、やわらかな日差しの中、おじいちゃんとお孫さん、そのお父さんと思われるご家族がブランコで遊んでいらっしゃいました。おじいちゃんが携帯電話のカメラでお孫さんを撮られたり、微笑ましい光景でした。平和な春の祝日です。

 いつもは店の入り口のドアを閉め切っているのですが、今日は暖かく、気持ちの良い天気だったので、開け放ちました。これからの季節、入り口を開けていると猫が入ってきたり、ハチが飛び込んできたりと困ったこともあるのですが、やはりお客さまにとっては最初から開いているほうが店内に入っていただきやすいでしょうし、天気の良い週末くらいはこれからも入り口を開放しようと思います。どうぞ気軽にお入りください。

 予報によると週末は天気が崩れるようですが、いよいよひと雨ごとに暖かくなるのでしょうね。しばらく気持ち良く仕事ができそうです。

|

2007年3月20日 (火)

工事中

 昨日より、店の前の道路、正確には排水溝の工事が始まりました。ずいぶん前より、排水溝のフタが壊れて道に穴が空いた状態になっており、危なかったのですが、このほどようやく本格的な工事が行われることになり、安心しています。何度かセメントでフタをするなど、できる限りのことはしてみたのですが、意外とクルマがよく通る道なので、すぐに元通りになっていました。今日で工事はほぼ終了したようで、あとはコンクリートが乾くのを待つだけとなっています。工事の影響で駐車場が使えませんが、近くに臨時の駐車場を用意しております。クルマでご来店いただいても大丈夫です。

 熊野町は晴天。久しぶりに気温が上がり、いよいよ春到来を感じさせます。にっくき花粉の時期も終了でしょうか? 昨日からいつもの市販薬を飲んでいないのですが、からだは快調です。ここしばらく寒さと花粉症のせいでイマイチ元気が出ませんでしたが、これから調子を上げていきたいです。

| | コメント (2)

2007年3月18日 (日)

マイテーマ

 今月より月に数回、朝日新聞へ広告を掲載しています。広島版のみで、小さな広告ですが今日載っていました。マイナーな業界の、まだまだマイナーな店ですが、少しずつでも知名度が上がればと思います。

 昨年はできるだけ各地の市(いち)へ足を運び、業界の雰囲気や各地の特色などを肌で感じることが私の密かなテーマだったのですが、今年は広告に少し力を入れることを同じく密かなテーマとしています。今年に入ってから「iタウンページ」そして新聞広告と手をつけてきました。次は当店サイト、そして当ブログのアクセス数を増やしたいのですが、内容の充実が先決ですね。

 熊野町は今日も晴れ。気温は上がりませんでしたが、寒すぎず、爽やかな一日でした。明日は定休日です。

|

2007年3月17日 (土)

まける、まけない

 まけてくれ、と毎回おっしゃるお客さまがいます。そう言う癖なのでしょうが、どの本でもまけられるわけではありません。わたしの場合、古書の価格は「この値段なら手放しても良い」という主観に基づくものなので、本によってはまけられない場合も多いです。儲けが減る、というより「この値段ではもったいなくて手放せない」という感覚です。が、普段ならまけないものでも、お客さまによってはまけてしまうことがあります。この方になら、と思えば手放せないものも手放してしまいます。これは常連さんだとか一見さんだとかではなく、話した感じとか、場合によっては気分にもよるかもしれません。

 というように当店の場合、価格は案外ふわふわとしているものですが、こういう店主の思いと関係なく、まけろと決まり文句のようにおっしゃるお客さまに対して、対応が厳しくなるのは仕方がないことです。逆に何もおっしゃらないのに、つい毎回まけてしまうお客さまもいらっしゃいます。お客さまが店を、店主を見るように、店主もお客さまを見ています。

 今日の熊野町は晴れ。しかし相変わらず風が強く、そして冷たいです。店内も寒く、ストーブがフル稼働しています。明日は少しでも暖かくなりますように。

| | コメント (2)

2007年3月16日 (金)

理想と夢

 気温が平年を下回る日が続いています。日差しはあるのですが、風が冷たく、やはり寒く感じます。実は先週あたり、もう春だろうとストーブを仕舞いかけたのですが、あのとき片づけなくて本当に良かったです。週間予報をチェックすると、来週末にかけても寒さが緩む気配は無く、しばらく辛抱が必要なようです。

 当店は、店舗と住居が同じ建物のため、本があふれると住居のほうにも本が積み上がります。現在がまさにそうです。店舗の通路に積み上がっている本と、住居にあふれる本。どちらを先に整理するか迷うところですが、どちらも急務であることは間違いないので、あっちに行ったり、こっちに行ったりして、せっせと片づけています。その甲斐あってか、住居のほうは少し片づいてきました。本を散らかしていると、カルパ(トイプードル)が踏んづけたり、蹴飛ばしたりするので要注意でしたが、もう心配なさそうです。あとは店舗。本がすべて本棚に収まっており、通路には本が一冊もない、という状態が目標です。困難でいつになるかわかりませんが、目指したいと思います。理想を言えば、本棚の上にも本が積み上がっていない状態がベストなのですが、これは「夢」でしょうね。

|

2007年3月15日 (木)

悔やまれます

 飼っていたエゾリスの「さけ太郎(シャケ)」が死にました。朝、妻が静かな、動かないシャケに気が付きました。うちへ来て、まだ3年。あと倍は生きられるはずだったのに、どうして。突然のことで、言葉がありません。妻の手の中にあって、もう動かない小さなからだは、本当に眠っているようで、死んだなんて信じられません。やんちゃぶりに(うっとうしいなあ!)と思ったこともあったけど、できるなら時間を巻き戻したいです。

 ふさふさの毛並みを触らせてくれることは滅多になかったけど、妻にはよくなついていました。昨日、私がシャケの部屋をのぞき込んだのが最後になってしまいました。そのときシャケは、いつものように(何かちょうだい!)と、入れてある木の枝を駆け上がり、近寄ってきました。何か言いたかったのでしょうか。あのとき、もっと構ってあげていれば、と今になって悔やまれます。

 ペットロス、というそうですが、今日はショックで今ひとつ元気が出ませんでした。シャケのお墓をつくった後、いつものように開店の準備をしていると、雨がぽつりと落ちてきました。冷たい雨は段々強まり、今も降り続いています。当店サイトに載せているシャケの写真は、そのままにしておこうと思います。

| | コメント (4)

2007年3月13日 (火)

整理整頓

 午前中は雪がちらつきましたが、現在は晴れ。好天となっています。ただし気温は上がらず、週末にかけてさらに下がる予報。一気に春とはいかないようです。

 当店は、電話、FAX、メールでご注文を受け付けています。割合ではメールが圧倒的に多いですが、意外と少なくないのがFAXによるご注文です。電話でのご注文の場合、注意していても、聞き間違いが起きないとは限りません。その点、FAXなら間違いがありません。日常生活ではなかなか使う機会がないFAXですが、仕事では結構役立っています。欠点といえば、用紙切れやリボン切れがよくあることでしょうか。とくにリボンの買い置きがないと最悪です。

 いただいたFAXは半年程度、保存しますが、ため過ぎると収拾がつかなくなるので、不要になったものは処分します。今日はその作業をしました。ずいぶんすっきりしました。ついでにパソコンのデータのバックアップも行いました。必要なデータをCD-Rに保存し、パスワード類をプリントしてケースに同封しておきます。これでひと安心です。気持ちはすっきりしましたが、店内は少しもすっきりしていません。逃げずに整理を進めたいと思います。

|

2007年3月11日 (日)

パソコンの弊害

 パソコンに頼り切って仕事をしているため、どうしても視力が落ちます。サラリーマン時代と合わせると、もう10年以上、パソコンと向かい合っていることになるので無理はありません。学生のころは視力2.0を誇っていましたが、就職して5年ほどで0.5程度に、そして今は一段と落ちている気がします。できるだけパソコンから目をそらすようにはしているのですが、いかんせん、向き合っている時間が長過ぎ、無駄な抵抗のようです。幸い常にメガネが必要というほどではまだありませんが、クルマの運転をするときと映画を観るときはメガネをかけます。せめて仕事のとき以外はパソコンをできるだけ使わないよう生活をあらためようと思います。

 今日の熊野町は晴れ。風が非常に強く、建物が揺れるほどでした。気温も上がらず、昨日に続いて寒かったです。3月も半ばにさしかかり、春は目の前のはずですが、寒い日が続いています。体調に気をつけたいと思います。明日は定休日です。

| | コメント (2)

2007年3月10日 (土)

速読

 熊野町は晴れのち雨。朝方は晴れていましたが、すぐに曇り始め、午後は雨になりました。雨は小降りですが、ぐっと冷え込み、寒いです。

 今日は、興味があった本に注文が入ったため、いつものように、夕方の発送までの間に急いで読みました。よくあることですが、読んでおきたい本ほど早く売れてしまいます。読んで満足はしたのですが、次にいつ同じ本を入手できるだろうと思うと寂しい気持ちになります。考えてみれば、古書店が扱う本はほとんどが一点限りのもの。手放せばそれが今生の別れとなる可能性が高いです。忙しさに流されるのではなく、一冊一冊にもっと関心を持つべきですね。もったいないというものです。かといって読み終えるまで売らないというのでは、本がたまって仕方がありません。バランスが難しいです。

|

2007年3月 9日 (金)

不幸な本

 最近、朝起きられません。年明けから8時起床を続けていたのですが、このごろは9時を過ぎても眠くて起きられません。原因はほかでもない花粉症です。夜中に何度も目が覚めるので、眠りが浅いのかもしれません。しかし、幸い花粉の飛散は峠を越えたらしいので、もう少しの我慢です。花粉症でお悩みの皆さん、がんばりましょう。

 今日は文学関係の本を整理。昨日のコメントでもふれましたが、この分野は値崩れが目立ちます。要は「売れない」ということで、初版本、文学史、作家論、いずれも価格は下がりきっているように感じます。とくに初版本は、かつては人気を博したようですが、今は1,000円で売れれば御の字というものが大半です。珍重されなくなっています。しかしごく一部とはいえ、ン万円の値が付くものもあり、両極化しているようです。

 この分野で安くなっているものの筆頭といえば、何といっても全集ものです。作家ものはまだマシですが、何十冊もの文学全集となると、今は買い入れを断る古書店も多いのではないでしょうか。元の定価が高いため、これは高く売れるゾとお客さまに期待されることが多く、いつも心苦しく感じるのですが、大雑把に言って、かさばり、場所をとるものは売れないのが現状です。これは百科事典にもあてはまります。

 文学全集の場合、内容に価値がないわけではありません。ニーズがないだけであって、価格がニーズの有無によって決まる以上、仕方がないことではありますが、古書店の気持ちとしては、やはり惜しいです。もし処分をお考えであれば、古書店に持ち込まれるより、誰かお譲りできる方が身近にいらっしゃれば、できればその方にお譲りいただくことが、本のためには良いのかなあと考えたりもします。内容と価格のバランスが崩れている本は不幸です。

| | コメント (2)

2007年3月 8日 (木)

検証

 ある程度まとまった額の買い入れを行ったときは、その値が適当だったかどうか、追跡して検証しています。つまり、1か月経ったとき、3か月経ったときなど、ある程度の時間が経ったとき、どの程度の金額、売れているかを確認します。例えば50万の買い入れを行ったとして、極端な話、1か月経った時点で100万売れていたら、買い入れの値が安過ぎたことになり、逆に5万であれば高過ぎたというふうに判断します。先日、数十万円の買い入れがあったため、いつものように追跡したところ、1か月経った時点で、売り上げがほぼ私の狙った通りの額になりました。これは自信になります。この検証をしていると、正直なところ、高過ぎたり、安過ぎたりすることはあるのですが、今回のように買い入れの額がある程度あり、結果が私の思うところの「適当」であると、誠実に評価できて良かった、とうれしくなります。買い値が高過ぎたときはまだ良いのですが、安過ぎると寝覚めが悪いですから、目をさらに養い、安定して誠実な評価ができるようになりたいです。

 今日の熊野町は曇りがち。開店時刻のころは久しぶりに雪が舞っていました。寒いはずです。しばらくは寒い日が続くようですが、今回の冷え込みが落ち着けばいよいよ春到来でしょうか。寒さと花粉のせいでイマイチ元気が出ませんが、もう少しの辛抱と思い、仕事に励みたいと思います。

| | コメント (2)

2007年3月 7日 (水)

三島由紀夫

 熊野町は今日も晴れ。ただし昨日と同じように風が強く、寒かったです。今朝は氷が張るほどの冷え込みでしたが、明日も朝は氷点下まで下がるらしく、ここにきての寒さにはちょっと戸惑います。体調が今ひとつなので、カゼをひかないよう注意が必要です。

 今日は、三島由紀夫関係の書籍を整理しました。著書はもちろん、作家論や割腹自殺に関するものなど、さすがに大作家、さまざまな書籍が存在します。好きな人はとことん好きなようで、今日、整理したものもすべて一軒から出たものです。ぱらぱらと目を通しながら値付け。対談や書簡集などが、わたしには興味深かったです。なかには発売後、すぐに回収となったものもあり、楽しく仕事ができました。一日では終わらなかったため、明日も続けます。

| | コメント (2)

2007年3月 6日 (火)

あわてず、楽しみながら

 定休日の昨日、広島市内へ出たのですが、終日、風が強かったせいか花粉を大量に浴びてしまったらしく、体調がすぐれません。薬を飲んでいるから大丈夫だろうとマスクをしなかったのがいけなかったようです。その反省から今日はずっとマスクをしています。効果があるらしく、体調が少しマシです。花粉の飛散がおさまるまで我慢の日々が続きます。

 今日は美術関係の書籍を整理。絵ごころゼロのわたしですが、図録を何となく眺めるのは楽しく、ペースはゆっくりです。いつもは、追われているかのようにせっせと仕事をしがちですが、ゆったりとした気持ちで仕事をするのも良いものだと思いました。未整理の本は山ほどあります。しかし本の一冊一冊に目を通してこそ、この仕事は面白いもの。あわてず、楽しみながら仕事をしようと思いました。

| | コメント (2)

2007年3月 4日 (日)

耐えるしかない

 今日の熊野町は曇り。天気は下り坂らしいですが、日中はもってくれました。気温は高く、暖房がいらないほど。良い季節になってきました。

 花粉症がひどく、昨夜もあまり寝られませんでした。夜中に何度も目覚め、鼻をかみます。花粉症のせいにしたくはありませんが、日中もどうも集中力を欠き、頭が冴えません。気力をそがれている感じがします。今年は花粉がやや少なめという予報にほっとしていましたが、甘くはありませんでした。とにかく耐えるしかありません。一つひとつ着実に仕事をこなしていきたいと思います。明日は定休日です。

|

2007年3月 3日 (土)

始動

 昨夜は恒例の組合員有志の会合があり広島市内へ。食事をとりながら合同目録作成の段取りをしました。ひと月後の次回会合までに各自原稿を作ることになり、いよいよ始動です。メンバー全員にとって初めての試みなので正直、不安もありますが、チャレンジの楽しみがあります。少しでも良いもの、面白いものになるよう、知恵を出し合いながら詰めていきたいと思います。

 昨日は気温がだいぶ上がり、薄着で出かけても平気でしたが、今日は曇りがちでやや肌寒く感じます。今日は降らないようですが明日、明後日は雨の予報。さらに来週は寒い日が多いらしいので、油断してカゼをひかないよう注意しないと。

| | コメント (2)

2007年3月 1日 (木)

定休日変更のお知らせ

 勝手ながら、4月より定休日を月曜から木曜に変更させていただきます。以前から月曜は問い合わせが多く、迷惑をかけていると感じていました。また、今月より近所の郵便局が土日の取り扱いを廃止するため、発送が月曜に集中すると予想されます。以上の理由から定休日を木曜に変更させていただきます。ご了承ください。

 熊野町は今日も快晴。昨日と違って風もなく、本当に良い天気です。仕事のほうも快適に……といきたいところですが、昨日あたりから花粉症が本格化したようで、目がひどくかゆいです。ひどい時期にはよくあることですが、昨夜は何度も目が覚めました。寝不足とかゆみで仕事に集中しにくい状況ですが、店内を見渡せば、休んでいる暇はないようです。がんばります。

|

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »