« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月28日 (水)

良いほうに解釈

 今日の熊野町は風が強いものの、抜けるような快晴。屋内にいるのがもったいなく感じるほどの好天でした。今日で2月は終わり。3月の声を聞けば春は間もなくのはずです。

 昨日、大阪の組合から市(いち)の荷物が届き、当店が出品したものは4割ほどが入札なし。買ったものと合わせて届きました。そして今日、別便で明細が届き、数字は予想以上でも予想以下でもなく、だいたい思っていた通りでした。決して良いデキではありませんでしたが、予想通りの結果に終わったことは、少しは私も目が慣れてきたのかなと良いほうに解釈しています。売れ残りを出さないように、そして欲しいものを少しでも多く落とせるように、経験を積みながら成長していきたいものです。

02280001 写真は現在の店内の様子です。ご覧の通り積み上がった本によって通路の幅は1/3以下となり、とても通行しにくい状況になっています。一日でも早く改善したいと思います。

| | コメント (2)

2007年2月27日 (火)

強敵ぞろい

 日曜、大阪の市(いち)へ行ってきました。今年初めての遠征です。会場はいつもの大阪古書会館で、1フロアのみながら別室も使用し本がぎっしり。参加者も多く、冷房が入るほどの熱気でした。当店もいくらか出品をしていたのですが、残念ながら札が入らないものも多く、近いうちそれが宅急便で戻ってくることになりそうです。入札のほうは、手当たり次第ではなく絞って入れたつもりですが、さすがにライバルが多く、こちらも不調。3割程度が開札された昼ごろの時点で会場をあとにしたためその後の結果はわかりませんが、一つでも多く落札できていてほしいものです。

 今回の市、そして確定申告という、2月の二大イベントが終わり、今日からしばらく通常モードとなります。店内に本があふれている状態なので、一日でも早く片づくよう、整理に励みたいと思います。

|

2007年2月24日 (土)

大阪行き

 明日は大阪の市(いち)へ行ってきます。今は店内に本が多いので、一時は遠征を取りやめようかとも思いましたが、やはり買える機会には買っておいたほうが後々良いだろうということで、予定通り行くことにしました。大阪へ行くのは今年初めて。せっかく行くのですから、良書と巡り会えますように。そして、それなりの金額買えますように。

 早朝に出発して深夜に戻るため、メールの返信は月曜にさせていただきます。申し訳ありません。店舗は通常通り営業いたします。

| | コメント (2)

2007年2月23日 (金)

体力がない

 昼前から買い入れのため広島市内へ。熊野町からはクルマで1時間ほど。昨日、父が見積もりをし、即日、交渉が成立して、今日早くも運び出し。量が多めだったので市内に住んでいる妹にも手伝ってもらい、2往復ですべて運ぶことができました。最近は本を抱え込むことが多く、市(いち)の度に多めに出してはいるのですが、少し片づいたかなと思ったら、それを待っていたかのように仕入れが入ります。本当にありがたいことです。むろん、どれだけ本を抱えていても買い入れのご依頼を断ることはありません。お気軽にご相談ください。

 普段あまり体を動かさないので、買い入れで少し体を動かすと汗がふきだし、体重が1キロ以上減ります。やはり日ごろの運動が大事ですね。

 広島の今日はだいたい晴れ。昨夜の雨は朝までにあがり、買い入れには影響ありませんでした。確定申告の書類を仕上げたので、明日からは仕事に集中できます。がんばります!

|

2007年2月22日 (木)

やりとげました

 何とか確定申告の書類を仕上げました。昨夜、今夜と集中して、ひと息にしてしまいました。窒息しそうです。それにしても確定申告の書類作りって本当にややこしいですよね。毎年のことなのに慣れません。しかし、あとは書類を郵便ポストに投函すれば終了。誤りがないことを祈るばかりです。

 今日の熊野町は晴れのち曇り。予報通りの下り坂で、現在は雨が降っています。明日は買い入れのため市内へ出かけます。雨があがってくれれば良いのですが。

|

2007年2月21日 (水)

持ち帰り

 今日は市(いち)の日。午後まで店を空けるので、少し早起きして発送の準備を済ませ、いつもの会場へ。雲一つない快晴で気分良く乗り込みましたが、今回は参加者が少なく、しかも売り方も買い方もやや元気がなく、低調でした。当店が出品した本も、半数は札が入らず、そのまま持って帰ることになってしまいました。もっともこれは市の調子ではなく、出品したものに魅力がなかったということで反省が必要です。時間をかけて荷物を作り、そのまま持ち帰ってしまっては無駄にもほどがあるので、次回は繰り返さないよう、よく考えようと思いました。

 ばたばたと日々を過ごしていたら、確定申告のことを忘れていました。億劫ですが、いよいよ取りかかろうと思っています。こういうのはひと息でやってしまうに限りますね!

|

2007年2月20日 (火)

大苦戦

 突然ですが、問題です。

第1問 広島に投下された原子爆弾がさく裂したのは地上何メートルでしょう?
 1.約100メートル 2.約300メートル 3.約600メートル 4.約1000メートル

第2問 広島弁「みてる」の意味は?
 1.満ちる 2.見ている 3.無くなる 4.壊れる

第3問 もみじ饅頭は1907(明治40)年ころに初めて作られました。元々何のために作られたといわれているでしょう?
 1.献上品として納める茶菓子 2.寺で門徒に配る茶菓子
 3.みやげ物店で販売する茶菓子 4.老舗旅館に納入する茶菓子

第4問 瀬戸内海は1934(昭和9)年に国立公園に指定されましたが、日本で何番目の指定だったでしょうか?
 1.1番目 2.3番目 3.5番目 4.7番目

第5問 広島東洋カープは過去3度日本一に輝いていますが、最初に日本一となった年は?
 1.1975(昭和50)年 2.1979(昭和54)年
 3.1980(昭和55)年 4.1991(平成3)年

 これらは一昨日の「ひろしま通」認定試験からです。当日は千数百人が受験、わたしが見たところ、多いのは50代前後の男性でしたが、老若男女、たくさんの人で、会場は熱気に満ちていました。肝心の試験、わたしは大苦戦。四択だったのですが、迷うものがいくつかあり、満点は無理だとすぐに悟りました。問題は100問あり、70問以上正解すると「ひろしま通」と認定されます。自己採点では75点前後だったので、何とかなったようです。でもこの点数では威張れません。これを機に、郷土のことをもっと知っておきたいと思いました。

 今日の熊野町は快晴。晴れ渡り、本当に良い天気です。明日も良く晴れるそうで、この調子だと本当に春がやって来てしまいそうです。

 定休日明けのうえ、日曜も午後は店を空けていたため、今日は終日、発送の作業。それが終わると、明日の市(いち)の準備をし、17時を過ぎてようやくひと息つきました。もう少し本をクルマに積めそうなので、食事をしてからもうひと仕事したいと思っています。

 問題の答えは、第1問3、第2問3、第3問4、第4問1、第5問2でした。

|

2007年2月17日 (土)

目算

 朝から雨。本降りにはならず、細かい雨が降り続いています。暖房をきかせていても店内があまり温もらず、寒く感じます。

 こんな日は、来客も少ないと予想して、のんびりムードになりがちなのですが、今日はありがたいことにお客さまが複数お見えになり、また、発送も多めで、あわただしく一日が過ぎました。今日やろうとしていたことは、ほとんどできていません。が、明日は「ひろしま通」認定試験があるので、今夜は仕事をせず、それへ向けて勉強をしようと思います。実は今日までろくに勉強をしていませんが、仕事柄、郷土誌に目を通すことも多いので、特別に勉強をしなくてもそれなりにやれるのでは、と内心思っているのですが……。

 というわけで明日、わたしは受験のため午後から店を空けますが、店舗は通常通り営業いたします。雨もあがる予報なので、田舎の古書店へぜひ遊びにお越しください!

| | コメント (2)

2007年2月16日 (金)

商売っ気

 東京で商店街の豆腐屋さん親子が売り上げ減を苦に自殺したそうです。同じ自営業者として他人事ではないという思いが頭をよぎりますが、この道を選んだのはほかでもない自分なので、泣き言は言えません。

 幸い、古書店というのは特色を出しやすいので、潜在的な成長の余地は意外と大きいと私は見ています。あとはやる気があるか、どうか。これは熱意の意味ではなく、忙しくする気があるか、どうかという意味です。やり方次第でお金を儲けることはできると思います。しかし、この業界に身を置いてみて感じることですが、私を含め、商売っ気が薄いというか、楽しみながらそこそこやろう、という感じが主流のようです。もちろん、私の勝手な感想ですが……。

 業界の先輩方は「昔と比べるとぜんぜん売れん」とおっしゃいます。考えてみれば、お金を儲けようという人は、さっさと古書の世界を見切って、違う仕事に移っているのでしょう。業界に残るのは、好きでやっている人だけというわけです。居心地の良い業界ではあります。

 今日の熊野町は曇り。予報は晴れマークでしたが、午後はずっと曇っていました。明日、明後日は天気が崩れるようです。雨は構いませんが、風をともなうと雨漏りの心配があるので静かに降ってほしいです。

|

2007年2月15日 (木)

意外と残っていないもの

 朝から快晴。風が強く、鼻がむずむず。そろそろ花粉の季節のようで、目もかゆいです。いよいよマスクが必要です。

02150001 写真は「門司トンネル博」のパンフレットで、昭和33年のものです。ふぐのイラストがかわいいですね。四つ折りになっており、中には会場図などが載っています。以前、九州の市(いち)で入手した、昭和20・30年代のパンフ類の中の一つですが、これらすべて手を付けないうちに忘れかけており、今日ようやく値付けをしました。こんなに面白いものを忘れかけてしまうなんて、やはり買ったものはすぐに整理をしないといけません。

 古い本を読むのも楽しいですが、このような小冊子、チラシなどの印刷物を眺めるのも楽しいものです。本と違い、当時は無料で配布されたと思われるものが大半ですが、こういうものは捨てられがちなのか意外と現存しておらず、市では高値が付くことがあります。もし、興味がおありの方は、当店サイトにて「パンフレット」「チラシ」のキーワードで検索していただければ、数点ではありますが詳細がご覧いただけます。また、ご希望であれば画像もお見せできますので、メールなどで気軽にお問い合わせいただければ幸いです。

|

2007年2月14日 (水)

セーフ

 今日はバレンタインデーです。学生のころは毎年どきどきしながらこの日を迎えたもので、落胆の日々でもありましたが、結婚してからは妻から貰えるのでうれしいです。今年はミルクレープを作ってくれました。感謝です。

 強い雨と風の音で、いつもより早く目が覚めました。家の中に、風が吹くと雨漏りするところがあるので心配していたら、案の定、ポタポタと水滴が落ちてきました。たまたま近くにいて、すぐに処置をしたから良かったものの、いつものようにそこへ本を積んでいたら悲惨でした。念のため、前夜に本をどけておいて本当に良かったです。

 久しぶりの荒天でしたが、雨は昼過ぎには上がり、夕方の現在は晴れ間が広がっています。今朝は暖かく、暖房が要らないほどでした。が、明日は寒くなるみたいです。

|

2007年2月13日 (火)

よく冷えております

 引き続き絵葉書の整理。しばらく手を付けていなかったせいか、熊野町の冷気によって絵葉書がよく冷えており、作業に没頭すると霜焼けになりそうです。今日も半日を費やし、何とか終了。とはいえ整理しただけなので、肝心の値付けはこれからです。一休みして(これがいけない)、取りかかりたいと思います。

 今週は、来週末に大阪で行われる市(いち)に出品するための荷造りで忙しくなりそうな気配。今週末には発送したいので、明日、明後日くらいでまとめなければ。それから仕事とは関係ありませんが、日曜に「ひろしま通」認定試験という、いわゆるご当地検定を受けるので、それに向けての勉強も怠れません。本来の業務がお留守になってしまいそうですが、まずは体調を崩さないことを第一に一週間、踏ん張ろうと思います。

|

2007年2月11日 (日)

ひたすら

 熊野町は今日も晴れ。どうやらこの冬は記録的な暖冬のようで、ここのところニュースでもよく取り上げられています。本当にこのまま春になってしまうのでしょうか?

 今日は朝から絵葉書を整理。市(いち)に参加する度に買ってくるのでどんどん増え、しばらく投げたままにしていたので、気がつけばすごい量になっていました。いつまでもこのままではいけないので、今日は意を決して整理にとりかかったのですが、ずっと作業をしているのに、まだ分類すら終わりません。今日だけでもう何百枚の絵葉書を手に取ったことでしょう……。ここでくじけたら中途半端になってしまうので、今日はとことんやりたいと思います。明日は定休日です。

|

2007年2月10日 (土)

出番

 今日の熊野町は好天。気温も上がり、2月とは思えぬ暖かさでした。そのせいか、ご来店のお客さまが数組あり、うれしい限り。店内は相変わらず散らかっていますが、お客さまがあまり来られないと、片づける気が失せてしまいます(嘘です)。

02100002_1 黒ずくめでわかりにくいですが、写真は久々登場の看板犬、カルパです。最近はお客さまが来られると一人前に「ワン!」とひと鳴きし、お知らせ犬としての役割も果たしています。看板犬としては、家族連れのお客さまが来られると出番です。カルパは少し子どもをこわがるようですが、お子さんの多くはカルパに興味津々。ご両親は本を見て、お子さんは犬とふれあう、これが当店の風景の一つとなっています。

 カルパのほか、当店には看板リスの「さけ太郎(シャケ)」と看板カニ(?)もいます。ふれあいをご希望の方は、遠慮なくお申し出ください。

| | コメント (2)

2007年2月 9日 (金)

テクニック不足

02090002 写真は今朝の熊野町です。霧が出ています。熊野町は高地にある盆地のため、しばしば霧の海と化します。現在は小雨が降っています。

 昨日は岡山の市(いち)へ行ってきました。人数も本の量も広島の市よりやや多く、活気があります。県外の市に参加するときは(せっかくだから……)と力みがちなのですが、昨日は札がいまいち弱く、売り越しとなりました。売りのほうは、持っていった本をすべて買っていただき、満足。皆さま、ありがとうございました。買いは、二枚札の下を噛まれて、高いほうで落ちているものが多く、不運とテクニック不足を感じました。

 わかりにくい言葉のまま走ってしまいましたが、二枚札とは、入札をするときに値を二つ書けることで、三枚札なら三つ、四枚札なら四つ書けます。たとえば二枚札なら4,000円、3,200円というふうに値を二つ書いて、その紙を封筒に入れます。同じ本にほかの人が3,300円、2,500円と入札したとします。すると、この人がいなければわたしは安い値の3,200円でこの本を手に入れられるところを、この人の高い値がわたしの安い値を100円上回っているために、わたしはこの本を4,000円で手に入れることになります。このことを「噛まれる」といっています。わかりにくい説明ですね……。

 昨日は店に戻ったのが19時を過ぎたため、メールへの対応が遅くなり、ご迷惑をおかけしました。申し訳ありませんでした。

| | コメント (2)

2007年2月 7日 (水)

岡山行きの準備

 予報は晴れでしたが、終日、薄曇り。でも暖かく、過ごしやすかったです。明日は天気が崩れるそうですが、岡山の市(いち)へ行く予定です。

 というわけで、今日は朝から明日の準備。出品する本を整理しては、しばっていきます。広島や岡山、大阪など市によって、出品の向き不向きが多少あるので、自分なりに岡山向きと思う本をまとめていきます。できた荷物は、入札用の封筒を付けて、クルマに積み込んでいきます。せっかく広島から出るので、満載していきたいのですが、途中で出品用の伝票が尽きたので、そこで終了。岡山組合の皆さま、昨年の11月以来の参加となりますが、よろしくお願いいたします。

 明日は、早朝に出発するため、メールやFAXなどによるご注文への対応が18時以降となります。申し訳ありません。店舗は通常通り営業いたします。

|

2007年2月 6日 (火)

ある事件

 熊野町は晴れ。県内では18℃まで気温が上がったところもあったそうで、暖かい一日になりました。一枚薄着でも平気です。明日も暖かくなる予報で、快適に仕事ができそうです。

 昼過ぎごろ、警察から電話。電話に出て警察だとなぜか緊張します。内容は、悪い知らせではなく、取り調べでももちろんなく、以前、書籍の代金を踏み倒したお客さまについての話でした。このお客さまは、各地の古書店に注文を出しては代金を払わず、業界内ではちょっとした話題になっていた方で、当店も少額ながら被害がありました。結局、このお客さまは逮捕され、そこまでは知っていたのですが、代金や本はどうなるのかなあ、と思っていました。警察の話によると、本はすべて押収したらしく、間もなく本は元の店に戻るようです。一件落着ではありますが、実はこの件をきっかけに「先払い」へ転換した店も多く、その意味では一石を投じた事件ではありました。

|

2007年2月 4日 (日)

町内放送

 熊野町で今日、山火事がありました。当店からはだいぶ遠く、煙すら見えない距離でしたが、町内で火事が発生すると、すぐに町内放送でサイレンが鳴り響き、同時に「火災発生!」とアナウンスがあるのですぐにわかります。放送といえば、葬儀のお知らせも必ず放送されます。また、毎日17時になると「♪夕焼けこやけで日が暮れて〜山のお寺の鐘が鳴る〜」の曲がかかって、子どもたちに家へ帰るよう、うながします。田舎町ならではの光景でしょうか。

 今日は、買い入れの依頼が持ち込みで1件。広報紙に掲載している広告をご覧になってお越しくださいました。まだ、町内にも広く知られているとは言い難い当店なので、今日のようなできごとはうれしいです。引き続き、まずは近所の方に愛される店づくりをしていきたいものです。明日は定休日です。

|

2007年2月 3日 (土)

お買い得

 今日の熊野町はだいたい晴れ。ただし風が強く、だいぶ寒く感じます。朝など、車がびっしりと霜に覆われ、まるこど白く凍ったようになっていました。今日は節分ということで、季節の変わり目ですが、冬らしい寒さはもうしばらく続きそうな気配です。

02030001 写真は100円ショップで買った「ミニはたき」です。パソコンやプリンタなど身の回りのものをきれいにするのに役立ちます。ずっとこういうものが欲しかったのですが、買い物のタイミングが合わず、先日、ようやく手に入れました。わたしは、どちらかといえばきれい好きなので、とても重宝しています。また、汚れてしまっても、100円なので気軽に買い換えられます。100円ショップ、あなどれません。封筒や領収証なども時々買います。上手に使えば、本当に便利な存在ですよね。

|

2007年2月 2日 (金)

おことわり

02020001 予想されていたほどではありませんでしたが、まちはうっすらと雪化粧。氷点下の寒い朝となりました。開店のころになると雪はほぼ溶けましたが、午後から再び雪。一時はしっかりと降り、あっという間にあたりは雪景色に。しかし、その雪も夕方には溶け、今は晴れ間がのぞいています。久しぶりに冬らしい寒い一日だったように思います。

 当店の最寄りの郵便局は簡易郵便局なので、土日は開いていません。平日も15時半までに荷物を持って行かないと、翌日扱いになってしまいます。自転車で7、8分のところに町内で一番大きい郵便局がありますが、そこも日曜は12時半までしか荷物を受け取ってもらえません。慣れましたが、都会と比べると不便ではあります。

 そのような事情のため、おもに土日の場合、冊子小包で発送する荷物については、お客さまのイメージより1、2日、到着が遅れる場合があります。そうならないよう、できるだけの努力はしておりますが、どうかご了承ください。

|

2007年2月 1日 (木)

雪の日割引?

 店内が少し片づいてきました。サイト「日本の古本屋」も懸念していたほど重くならず、全体的に気持ち良く仕事ができています。店内の通行に支障がない程度に片づいてきているので、もうしばらく集中して整理をして、一気に片づけたいと思います。

 今日は曇り。午後からは時々雪が舞う寒い一日でした。しかし寒さはこれからがヤマで、明日の朝には平野部で5cm、山間部で30cmの積雪が予想されています。雪が積もっても別に構わないのですが、お客さまが減るのは覚悟しなければなりません。「雪の日割引」を検討したいと思います。

|

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »