« 市の存在意義 | トップページ | 棚にすきまが »

2006年10月 1日 (日)

満月の夜に

 昨日に続いて図録を整理しています。郷土の画家、奥田元宋の図録を発見し、しばし鑑賞。奥田元宋といえば、今春、県北の三次市にオープンした「奥田元宋・小由女美術館」の評判がとても良いようです。奥田元宋が好んで描いた「月」にちなんで、建物は月が美しく見えるよう設計され、また、満月の日は開館時間が大幅に延ばされるとか。早くもファンがつくなど、客足は絶好調のようで、広島ではよくニュースで取り上げられています。三次市というと熊野町から近くはないですが、私も行ってみたいと思います。もちろん、満月の夜に。

 今日は一転、朝から雨。さすがに10月、半袖では肌寒く感じます。若干、体調を崩しかけているような感じもしますが、今晩は早寝するわけにはいきません。そう、あのディープインパクトの凱旋門賞を見ずして、どうして寝られるでしょう!

|

« 市の存在意義 | トップページ | 棚にすきまが »