« 気軽にご来店ください | トップページ | しょぼしょぼ »

2006年9月 1日 (金)

本の値打ち

 先日、あるお客様が「値札」についてこうおっしゃいました。「糊付けするのはやめてほしいね。どうしても跡が残ってしまうんだ」。当店では値札は、紙片の上のほうを折ってページに引っかけるスタイル(わかりにくくてすみません)で、糊付けはしていないのですが、私が小さかったころは当店も糊を使っていました。指に糊をちょっと付けて、値札の裏を触って、裏表紙をめくったところに糊付け……手伝いをさせられた記憶があります。

 値札でよくあるのは、店の連絡先が印刷されていて、本が売れたときは値段が書いてある部分だけを切り取り、糊付けされている連絡先の部分だけが本に残るタイプです。店側にすれば、本を処分される際はご連絡を……という気持ちなのですが、糊付けを嫌がるお客様に対しては逆効果でしょう。無理に剥がせば本を傷めかねないので「どうしてプロである古本屋がこんなことをするかなあ」というお客様の意見はうなずけます。

 一方、本に貼り付いている古めかしい値札も味、とも思います。もう廃業されている店の値札を見つけたときは、私など「おっ」とうれしくなります。もっとも最近はそんな味のある値札は少ないように感じますが……。本を「読むもの」ととらえれば、どうでもいい話。しかし、読むだけが本の値打ちではありません。本を宝物のように扱われるお客様であれば、少しでもいい状態で、と願うのは当然でしょう。本の扱い方について考えさせられました。

|

« 気軽にご来店ください | トップページ | しょぼしょぼ »