« 岡山へ行ってきました | トップページ | つい後回し »

2006年9月15日 (金)

写真集史に残る一冊

 今、全般的に古本は安いと言われますが、極端に安くなっているジャンルの一つが「写真集」です。珍しくて、高値がつくものはごくごく一部で、ほとんどは数百円しか値をつけられません。したがって市(いち)でも山積みの写真集に目をやる人はほとんどいません。買おうと思えば、すごく安く買うことができます。相場が壊れていると言って良いでしょう。

 そんななか、かつてのベストセラーにもかかわらず、いまだに売れ続けている一冊があります。それが宮沢りえ『Santa Fe』(篠山紀信:撮影)です。今、相場は1,000〜1,500円でしょうか。発売が1991年で、当時は飛ぶように売れた写真集なので部数も多いはずです。それでいて15年経った今、この価格をキープしているのは、相場の崩れを思うと驚きです。当店でも、入荷するとすぐに売れてしまいます。

09150001 宮沢りえの現況は知りませんが、当時、彼女がヌードになったときの衝撃は相当でした。今で言えば……と例えたいのですが、適当な女性が見当たりません。まさしく写真集史に残る一冊といえるでしょう。

|

« 岡山へ行ってきました | トップページ | つい後回し »