« 妙にうれしい | トップページ | 古本屋の娘 »

2006年7月26日 (水)

まとめ

 私がぎっくり腰になってから今日でちょうど2週間が経ちました。だいぶ良くなり、もう日常生活に支障はないのですが、重いものを持ち上げるのは控えています。もうひと息です。そろそろぎっくり腰の話もおしまいにしようと思うのですが、最後に人づての話などを少々。

 ぎっくり腰は、重いものを持ち上げた拍子に「!」となるイメージと思いますが、実際はそういう例は多くなく、私もそうでしたが、むしろ普段の何気ない動作で発症することが多いようです。私は、本の入った箱を持ち上げたときではなく、箱を床に置き、それを少し横にずらそうとしたときに「あ!」となりました。いろいろな人に話を聞くと、テニスの選手がラケットを拾おうとしたときになったとか、家で服にアイロンをかけていてなったとか、職場で腹を立て、ゴミ箱を蹴っ飛ばした瞬間に「うっ!」となったとか、まったく無警戒のときが危ないようです。それでは何も行動できないじゃないか、ということなのですが、要は何をするにしても「構えて」行うことが大事ということかもしれません。これは、ぎっくり腰の経験がない父のアドバイスなのですが、重いものを動かすときはもちろん、そうでないときも腰に力を入れて動作することが予防のカギといえそうです。ちなみに毎日、当店へ顔を出してくれるクロネコヤマトさんは、荷物を運ぶのが専門ですから、さぞ皆さん、ぎっくり腰に泣かされているのでは、と思ってたずねてみると、さすがに一度は誰もが経験があるそうですが、繰り返す人は少ないとのことでした。クロネコヤマトさんの場合、ぎっくり腰になってしまうとしばらくは仕事にならないはずです。もう二度とやるまいと思う気持ち、よくわかります。気をつければ繰り返さないということは、やはり荷物の重さが問題ではないのでしょう。

 今日は晴れ。九州と四国では梅雨が明けたそうです。広島も雨があがり、真夏はもうすぐそこ。なまったカラダを動かして汗をかき、元気に夏を乗り切りたいものです。

|

« 妙にうれしい | トップページ | 古本屋の娘 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/45405/2809634

この記事へのトラックバック一覧です: まとめ:

« 妙にうれしい | トップページ | 古本屋の娘 »