« 流鏑馬 | トップページ | 初心を思い出す »

2006年7月 5日 (水)

二本柱

 今日の熊野町は曇りのち雨。現在は雨が降っています。昼前ごろよりずっと、すぐにでも降り出しそうな暗い空でしたが、夕方になって「もう、たまらん!」とばかりに雨が落ちてきました。明日以降も、梅雨らしいじめじめとした天気が続くそうです。

 当店は、専門店ではありません。普通の古書店です。強いて特徴を挙げれば「書道」「歴史」の比率が比較的高く、「漫画」「エロ」「文庫・新書」のそれが低いくらいでしょうか。あまり個性がありませんね……。このままでは面白くないので、時間をかけて、少しずつ個性をつくっていきたいと思っています。力を入れたいと思っているのは、まず「郷土誌」、そして「趣味」です。「郷土誌」は売れ筋ではありませんが、やはり地域に根ざす店として、揃えられるものはできる限り揃えておきたいと思っています。「趣味」とは私の趣味、スポーツや釣り、旅に関する書籍です。「書道」は私の得意とするところではありませんが、分野は「趣味」とできないこともありません。「郷土誌」は「歴史」に通じます。広島を中心とする「歴史」と、書道や美術を含む「趣味」。ほかの分野を切り捨てるわけではありませんが、将来はこの二つを柱にしたいと思います。

 こんなことを藪から棒に書いたのは、本の整理が追いつかず、店内がぐちゃぐちゃになってきたからです。意気込むより整理が先ですね、はい。

|

« 流鏑馬 | トップページ | 初心を思い出す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/45405/2510176

この記事へのトラックバック一覧です: 二本柱:

« 流鏑馬 | トップページ | 初心を思い出す »