« 遠方割引 | トップページ | 夏の始まり »

2006年6月 2日 (金)

気がかりです

 好天。室内の温度計は26.6℃を示しています。暑くもなく、寒くもなく、まさに適温。おそらく今が快適さのピークなのでしょう……。

 町内へ買い入れに行ってきました。以前、うかがったことのあるお宅だったので、店からわずか5分で到着。文庫100冊程度と少量でしたが、こうして贔屓にしていただけるのはうれしいことです。帰り道、クルマを運転していると、前方の道路に何やら小さな動くものが。目をこらして見るとカメでした。驚きましたが、何とか回避。道路に面している田んぼからはい出たのでしょう。今思えば、カメにしてはすっすっと歩いていましたが、私が通過したあと、反対車線へと張り切って歩いていきました。さて、ひかれずに済んだでしょうか。気がかりです。

|

« 遠方割引 | トップページ | 夏の始まり »

コメント

私もそれを聞いて気がかりです。亀さん、無事でいてね。
道を歩いていて、私は鳥に特に目が行きます。雀やセキレイなどはとても人間や車に無用心に変化しているように思います。なかなか至近距離にならないと逃げません。
たまに道端に哀れな姿の雀を見ます(涙)。  
仲の良いキジバトの番いを見ると微笑んだり…。
自分は前世が雀だったのではないかと思うくらい、鳥に哀れを感じてしまいます。酉年生まれのせいもあるかも…です。
 ~お願い~
貴店より以前「書の教室(一)楷書」天石東村著を購入したのですが、(一)とあるからには(二)以降があるのかも…と日本の古本屋他で検索してみているのですが、見つかりません。(一)は昭和50年第一刷で、かなり過去なので無理かもしれませんが、(二)以降が万が一入荷しましたら教えてくださいませ。m( _ _ )m

投稿: mopira | 2006年6月 3日 (土) 10時18分

mopira様、コメントありがとうございます。また以前はご購入ありがとうございました。おさがしの『書の教室』をさがしましたが、あいにく在庫がないようです。申し訳ありません。入手しましたらお知らせいたしますので、どうかご容赦ください。

鳥といえば以前、何かのヒナが猫に襲われているのを救出して、1日だけ世話をしたことを思い出します(田舎なのでいろいろな事件が起きます)。空き箱に入れて屋根に置いておけば親鳥が迎えに来てくれるよ、と近所の方が教えてくれたので早速そうしてみると、気がつけばヒナはいなくなっていました。その後、無事に育っていてくれれば良いのですが。ちなみに私は丑年ですが、牛に親しみは感じません……。

投稿: 神鳥大悟 | 2006年6月 3日 (土) 11時07分

早速のご回答ありがとうございます。
天石東村氏の他の本も今後読みたいと思っていますので、またお世話になります。

以前、成長になりかけているのにうまく飛べない雀の雛を、道の真ん中で保護したことがありました。足が麻痺していて、動物病院に問い合わせたら、なかなか巣立ちしない障害のある雛を親が持て余して巣から追い出したのだろう…と言われました。自然は厳しいですね。
野鳥保護の機関に聞いたら、担当の方に「引き取っても鳥舎の中に放すだけです」とのこと。
その頃元気だったわがやのmopiraがとてもやきもち焼きで、わがやで飼っても雀を狭い鳥かごに入れるしかなく、広い鳥舎のほうがまだましでは…と結局引き取ってもらうことに。
考えると、親もあきらめた雛、あのままカラスの餌食になっていたほうがいっそ本望だったのでは???と後悔もしました。
中途半端な情けに終わりました。
長くなりました。こちらは曇りの休日です。


投稿: mopira | 2006年6月 3日 (土) 12時31分

mopira様、コメントありがとうございます。おっしゃる通り自然は厳しいですね。テレビで動物のドキュメンタリーなどを見るといつも思います。助けたスズメ、広い鳥舎で元気に育ってくれていたら良いですね。

書道関係の書籍は「日本の古本屋」へのアップが遅れておりますので、以後、急ぎたいと思います。今後ともどうかよろしくお願いいたします。

投稿: 神鳥大悟 | 2006年6月 3日 (土) 13時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/45405/2040340

この記事へのトラックバック一覧です: 気がかりです:

« 遠方割引 | トップページ | 夏の始まり »