« 渋めの値づけ | トップページ | 文庫を増やす »

2006年3月29日 (水)

ジレンマ

 今日は出張買い入れのため隣町の矢野町へ行ってきました。広島熊野道路を通ればクルマで15分ほどの距離です。比較的新しい小説の単行本と文庫で計約1,000冊、1万円で買い取らせていただきました。1冊あたり約10円の計算です。この値、他店と比べてどうなんでしょう? できるだけ高い値で、という気持ちは常にあるのですが、一方で商売として成り立たせないといけないのが辛いところです。また、買い叩けば業界全体が信用を失いかねませんので、できる範囲で高く買わせていただくようにはしているのですが……。

 朝方は昨日の雨が残っていましたが、今日は尻上がりの好天。ただし風は冷たく、少しだけ買い足した灯油が再びなくなりそうになっています。どうしようか考え中です。もう3月も終わりかけですが、熊野町はやっぱり寒いんです。

|

« 渋めの値づけ | トップページ | 文庫を増やす »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/45405/1208540

この記事へのトラックバック一覧です: ジレンマ:

« 渋めの値づけ | トップページ | 文庫を増やす »